勝てばOK?

  • 2012年05月09日(水)

『体の小ささをハンディキャップととらえるか、それともアドバンテージととらえるか』

こんな書き出しでスポーツジャーナリストの二宮清純さんが、おもしろいコラムを書いていたので紹介します。

昨年7月に行われた女子サッカーW杯を制した『なでしこジャパン』は、後者を積極的かつ建設的に証明しました。
この大会MVPに選ばれたのは澤選手でしたが、司令塔の役目を果たしたMF宮間選手の活躍は外せず、『宮間なくしてなでしこジャパンの世界一はありえなかった』と言っても過言ではありません。

この宮間選手、身長は157cmしかなく、アメリカやドイツの選手に比べ二回りも三回りも小さく感じられます。

その宮間選手には持論があります。

『アメリカと日本との間に “差” はありません。あるのは “違い” なんです』

それは、どういう意味でしょう?

『サッカーにおいてフィジカルは勝てる要因にはなりません。ただ、こちらが負ける要因にはなります。だから屈強な体をつくるトレーニングは必要です。だけど、そうしたトレーニングによって勝利に近づけるかというと、そうではない。勝とうとするなら、違うところで勝負すべきです。私たちは佐々木監督の下、何年もかけて、それを追求してきました。要するにサッカーの質を上げるということです。内容的に上回る努力をせずして、アメリカに勝つことはできないでしょう』

PK戦の末の勝利だったこともあり、宮間選手はアメリカに追いついたとは思っていないようで、名実ともに追いつき、追い越すためには、日本人の特徴を強調したオリジナルなサッカーに磨きをかけなければならないと思っているようです。

つまり、アメリカにもドイツにも真似のできない、世界に二つとないサッカーを目指すということです。

重要なことは日本人の特徴をどう生かすか。

そのためには様々なスピードとスキルアップ、そして頭脳の部分を伸ばしていく必要があるでしょう。

日本人にしかできないサッカー。

オンリーワンを追求するサッカー界と、それを見極めることのできるサッカーファンの目の両立が必要です。

そろそろ育成年代で『勝てばOK』的な見方はマスコミを含めて止めませんか(苦笑)

       つたえびと しみず

3・4・5・6日A

  • 2012年05月09日(水)
アップロードファイル 227,168 byte

試合の様子

3・4・5・6日

  • 2012年05月07日(月)
アップロードファイル 406,381 byte

GW後半もサッカー三昧でした!

3・4・6日は5・6年で愛知遠征、5日は2・3・4・6年で奈良遠征でした。

スカッと晴れた5日の奈良は、初めてバスで遠征に行く選手も含めた多くの人数で1日中ゲームを楽しみました。
6年→4年→3年→6年→4年→3年・・・
連続でずーっと試合があったので、ベンチでおにぎりを食べながらの観戦になりましたが、暑い中選手たちは最後までがんばってボールを追いかけていました。
ただ、最後のほうは暑さもあってバテ気味。

急に暑くなると体調管理が難しく元気にサッカーをしているつもりでも夕方になると身体が動かなくなってきます。
そうなると頭が全然動かなくなってくるので、反応が鈍くなってくるしプレーが “雑” になってきます。

そうならないために、帰ってきてからのミーティングで
@たくさんごはんを食べましょう
Aいっぱい寝ましょう
Bしっかりトレーニングをしましょう
という話をしました。
たくさん食べて、いっぱい寝て、しっかり動いて、『強い身体』を作って、『あいつ暑いのに元気やなぁ』って言われる選手になりましょう。

サッカー選手にとって技術も大事ですが、『元気』っていうことも非常に大切です。

3・4・6日はいつもお世話になっている愛知の “ドン” のところで楽しんできました。

いつもドンの顔の広さには驚かされますが、今回も仙台・埼玉・東京・山梨・静岡・岐阜・滋賀・三重・富山・大阪・兵庫・岡山・広島・・・
みんな覚悟を決めて愛知に集まってきました(笑)

しかし、みんなうまいなぁ・・・

毎年この時期のこの大会に参加しては『もっと練習せなあかんなぁ・・・』って思いながら帰ってきますが、今年も同じでした(苦笑)

『ストレスなくボールを扱う』という部分がペルナはまだまだやなぁ。

そこができないと次のステップに進めない、って言うか何もできないし、『ごまかしのサッカー』になってしまい、選手の将来につながらないということになってしまいます。

この部分が選手の『土台』の部分になるので、この先もっと練習してしっかりした土台の上におしゃれなプレーを構築できるようにしていきたいと思いましたし、そこに気が付けたので収穫の多い遠征になりました。

GWに集まってきた日本のパンチの効いた指導者たちに負けないように、ペルナもがんばっていきたいと思います!

       つたえびと しみず

29・30日A

  • 2012年05月01日(火)
アップロードファイル 207,293 byte

宿舎の様子

29・30日

  • 2012年05月01日(火)
アップロードファイル 318,222 byte

29・30日は大阪遠征でした。

いつもお世話になっているチームに、またお世話になってきました(笑)

今回は6・5・4年生で参加しましたが、特に5・4年生の参加が少なくちょっと寂しかったかな・・・
ただ6年生はたくさん参加してくれて下の選手の面倒を良く見てくれました。

ゲーム内容はこの時期にしてはおおむね良好!
今練習でやっていることも一生懸命やろうとしていたし、去年やっていたことも自然と引き続きチャレンジしていたし、特に『大きな問題はなし』でした。

ペルナではこういう遠征のときは特に『OFF(オフ)』の時間の過ごし方を重要視しています。
普段から、ゲームとゲームの間の時間、宿舎での過ごし方、バスでの移動の最中などサッカーをやっていないときの過ごし方が大切で、そういう生活面が必ずプレーに出ると話しています。

さて新しい学年になって最初の遠征だった今回はどうだったでしょう。

遠征から帰ってきてバスの掃除をした後のミーティグでそんな話を選手に聞きました。

『ゲームとゲームの間の過ごし方はどうでしたか?』

『ゲームが始まるときにみんなを集めることができなかった』
『弁当をゆっくり食べすぎてゲームの準備ができなかった』
『試合が始まっても遊んでいて試合に間に合わなかった』
など多くの反省点がでてきました。

『宿舎ではどうやった?』

『少し寝るのが遅くなった』
『テレビを遅くまで見てしまった』
『寝るときうるさかった』

『バスの中は?』

『疲れて寝ている人がいるのにうるさかった』

『いいところはなかったん?』

『みんなで協力してできたこともいっぱいあった』
『宿舎でふとんを協力してしまった』
『弁当の後片付けをちゃんとできた』

いいところも悪いところもあって、選手自身が付けた今回の遠征の点数は50点。

私の感想は・・・
なかなか厳しい点数付けるなぁ(苦笑)
確かに100点満点とはいきませんでしたが、宿舎でも他のチームの指導者が驚くほど自分たちで行動できていたし、後片付け・掃除も最後に確認する程度で良かったし、大きな問題はなく75点位はいけるんちゃうかな(笑)

6年が下の学年の面倒をみて、面倒をみてもらったその学年が数年後にはその下の学年の面倒をみる。
順番にやっていくのがペルナの伝統です。
どうやら今年の6年生も大丈夫そうです(笑)
生活面がしっかりできそうなのでサッカーも期待できそうです!(笑)

      つたえびと しみず

スペイン旅日記C

  • 2012年04月27日(金)
アップロードファイル 512,839 byte

試合球と記念撮影

スペイン旅日記B

  • 2012年04月27日(金)
アップロードファイル 381,959 byte

いよいよクラシコ当日。

約3時間前にカンプノウ近くに到着しましたが、すでにお祭り状態。
バルサのユニフォームを着た老若男女が、ゲーム開始を楽しそうに待っていました。

開門は1時間前。
待ち切れずにそわそわしていましたが、やっと夜の7時になって開門(ちなみにスペインはこの時期夜の9時前まで普通に明るいです)
自分の席を確認して(幸いにもカテゴリー1の中央という絶好の席でしたので、バックスタンド側ハーフウェーライン横10mの前から4列目。トラックのないピッチはすぐ目の前でした!)時計を見ると試合開始40分前。
スタンドの入りはぱっと見2〜3割。
『大丈夫かぁ。もうあんまり時間ないでぇ』と思ったのもつかの間。
あっという間に超満員に。
すごいなぁって感じでした。

ゲーム内容は・・・

レアルのすごさを見せつけられました。
C.ロナウドのスピードはやばい!
あの身体能力は想像を絶するものでした!
エジルのパス精度もやばいし、ベンゼマのキープ力や守備力、DFラインのファールギリギリの守備もすばらしく、アウェーの戦いとしては完璧なものでした。

対するバルサはイマイチ・・・
メッシは止められるし、シャビはボールに触れない。
イニエスタは良かったですが全体的にミスも多く、バルサ得意のボールを失った後のプレスがレアルには効かず、負けるべくして負けた感じでした。

バルサはクラブW杯のときのイメージが強く、今回はがっかりでした。

ゲーム内容以上に印象的だったのがサポーターたち。
熱狂的であるのに淡白。
ゲーム開始前は『このサポーターの前でバルサが負けたらどうなるんやろ』と思うほど盛り上がっていましたが、負けが決まるとあっさり。
暴れるわけでもなく、さっさと帰って行きました。

約10万人が一斉にスタジアムを後にするとき、どれほど混雑するかと思いましたがこれまた全然問題なし。
片側3車線、合計6車線のメイン道路が歩行者天国のように人で溢れていましたが、バイク・車も普通に通っている。
警察・ガードマンの類は全くと言っていいほどいない。
信号は守らないけど混乱は起きない。
みるみる10万人がスタジアムから掃けて行きます。

なんかこの辺が文化とかサッカーに出るんじゃないかな・・・

ルールはありますがその場に応じて臨機応変に対応する。
人に言われて行動するんじゃなくて、自分の責任の元、自分で考えて行動する。

どちらがいいとか悪いとかじゃなく、大きな違いを感じました。

その後ホテル近くのバールで食事。
興奮冷めやらぬ私ともう1人は、ゲーム内容・サポーターのことなど呑みながら尽きることのない話をして、気が付くと生ビールはワインに変わっていました!

本当に楽しく貴重な経験ができました。
チャンスをくれたMさん、ありがとうございました。
この経験を少しでも選手に伝え、少しでも日本のサッカー文化のためになるよう生かしていきたいと思います。

       つたえびと しみず

スペイン旅日記A

  • 2012年04月26日(木)
アップロードファイル 536,903 byte

サグラダ・ファミリア

スペイン旅日記@

  • 2012年04月26日(木)
アップロードファイル 333,845 byte

行ってきましたスペイン・バルセロナ!

いつもお世話になっているある人から、大きなチャンスをいただきカンプノウに『クラシコ』を観に行くことができました。

3泊5日の弾丸ツアーでしたが、カンプノウ・バルセロナを満喫することができました。

大阪・伊丹空港を20日朝一の飛行機に乗って成田空港へ。
その後パリを経由して空路バルセロナに入ったのは現地時間20日の20時頃でした。
日本とスペインとは時差が7時間で日本のほうが先行です。

1日目は22時頃ホテルに入り、歩いて夕食を食べに行き終了。

2日目は20時キックオフの『バルセロナvsレアル・マドリッド』までのフリータイムに旧市街を観光。
その後クラシコを観戦してバール(朝・昼は喫茶店、夜はバーになるお店。バルセロナの市街地200mの間に2〜3軒あるほどいっぱいある)で遅めの夕食で終了。

3日目は1日観光。
有名なサグラダ・ファミリアをはじめいろんな所に行きました。

4日目は午前中最後の土産物買い。
13時にホテルを出発して行きの逆コース、バルセロナ→パリ→成田→伊丹で空路帰ってきました。

バルセロナの風景はすばらしく、これぞヨーロッパって感じでどこでも映画が撮れるような素敵な街並みでした。
特にサグラダ・ファミリアはエグイ!
考えられないデザインと内部の吹き抜けのすばらしさは言葉にならないほど!
びっくりしました!

ガイドブックに載るような名所がすごいのはもちろんのことですが、それ以外の普通の街並みもこれまたいい!
映画のセットのような路地は、思わずプリティーウーマンを口ずさんでしまいました(笑)

メインの『クラシコ観戦記』は明日ということで!

      つたえびと しみず

  • 2012年04月18日(水)

19日から少しの間、旅(?)に出かけます。

その地では、何か大きな刺激を受けられそうな気がします。

間違いなく、この先の人生に大きな影響を与えることになるでしょう。

帰ってきたらこのコラムで紹介します。

楽しみにしていてください!

それでは行ってきます!

チャオ!!

       つたえびと しみず