23日

  • 2010年12月28日(火)

23日はU−12で伊賀遠征でした。

8チームのトーナメント戦で、大阪のいつも仲良くしてもらっているチームと、毎年一緒に参加する大会です。

例年、大阪の仲良しチームとはいつも下のほう(負けてから試合する)でゲームすることになっていて、下の1位2位が定位置でしたが、今回はなんと(笑)両チームとも勝ってのゲームとなりました。
結果はPKでうちが負けて、勝った大阪のチームはそのままの勢いでなんと優勝してしまいました!

うちも大阪のチームも勝つことが目的ではないので、大体いつも負けてしまうのですが、今回はいつもと同じことをしながら『勝つ』という価値ある結果となりました。
コート2面での大会だったので、決勝戦と同時進行で3位決定戦をやっていたので、決勝戦の内容を観ることはできませんでしたが、決勝戦の相手チームのベンチからの声を聞いていると、『チンチンにやっとるなぁ』というのがよ〜く分かりました。
大阪のチームもめったに決勝という舞台に上がることはないと思いますが(失礼!)、雰囲気にのまれることなく実力を発揮できたことは、自分のチームのことのようにうれしく感じました。

これからもお互い切磋琢磨し、内容+点数でも勝てるようにがんばっていきたいと思います。

Coachしみず

サッカー教室

  • 2010年12月25日(土)

18日の夕方、愛知遠征の帰りにそのままサッカー教室に参加しました。

U−11・12は17:15〜18:45、ジュニアユースは19:00〜20:30で、講師は元日本代表・ジュビロ磐田の吉田光範さん。『ドーハの悲劇』のときの代表選手です。

ジュニアもジュニアユースも約30人程の選手だったので、吉田さんにきっちり観てもらうことができ、大変有意義なクリニックになりました。

両カテゴリーともテーマは『観て、自分で決める』こと。
ジュニアユースのほうは、プラス『ボールホルダーのために選択肢を作ってあげる動き』も強調されていました。
ペルナで言い続けていることでも、少し違った表現方法を使われると新鮮で、選手の心に響いていたようです。

ペルナの選手は非常に積極的で、発言もしていたし進んでプレーの見本もやっていて、なんだか指導者として誇らしい気持ちになりました(笑)

最後に『しっかり夢を持って、その夢に向かって努力しよう』と結んでクリニックは終了しましたが、普段接することのできない偉大な元選手と接して、ジュニア・ジュニアユースの選手共に刺激を受け、また今よりさらにもう少しサッカーが好きになったようでした。
本当に吉田さん、このような経験をプロデュースしてくださった○○先生、そして準備等にかかわってくださった全ての人に感謝です!

      Coachしみず

18・19日

  • 2010年12月21日(火)

18・19日は2ヶ所に分かれて大会に行ってきました。

U−12は愛知遠征、U−10は名張遠征で、愛知は48チームの大会、名張は16チームの盛大な大会でした。

私はU−12のほうに行って来たのですが、U−10のほうの話を聞くと相当おもしろかったようです(笑)

愛知の大会は48チーム・8会場での大会で、ペルナが参加する大会としては最大規模の大会です。

1日目は3チームのリーグ戦のあと順位決定戦をおこない、その会場で1位〜6位を決め2日目はそれぞれ6会場での決勝トーナメントをおこなう形式でした。
1日目を4位で終えたペルナは2日目4位トーナメントに進みましたが、この大会2日目に少し問題があります(ペルナ的にですけど・・・)
2日目のトーナメントは8チームで戦うのですが、決勝に進まない限りは1日2試合で終わってしまいます。決勝を戦う2チームのみが1日3試合やることができます。
1日2試合・・・3試合でもペルナ的には少し寂しいんですが、2試合となると・・・選手は完全に不完全燃焼です。
なので、毎年2日目の目標は『3試合目を戦おう』です。大体毎年2試合で終わってしまいますが・・・(苦笑)
今回も1試合目からPK戦になるという展開でしたが、奇跡のPK勝ち!(笑)
勢いを付けて2試合目に臨みましたが、前半終了で0−1。ハーフタイムに『後半逆転して3試合目を戦おう!』と話をしたら、選手たちは後半開始前に円陣を組んで気合いを入れていました。今まで前半が始まる前には円陣を組んでいましたが、後半開始前に円陣を組んでいる姿は初めて見ました。
『えらい気合い入ってるなぁ(笑)』
その気合いのかいがあってか(?)後半逆転して決勝に進むことになりました。
ただ、決勝と言ってもペルナ的には『もう1試合できる』だけのことで、特別になにかを変えることはありませんから、相手チームの気合いに負けてあっさりやっつけられてしまいましたが(笑)
1−6ぐらいでしたかねぇ・・・(はっきり分かりません(苦笑))まぁ点差ほどの差はないと感じたので全然問題ありませんでしたけど(笑)

今回も選手たちは多くのことを経験しました。
PK戦では緊張で足が震え、『ドッカーン!』と大きく枠を外してしまった選手(笑)、決勝戦という独特の緊張感。
もちろん選手だけでなく、指導者も多くのことを学びました。
決勝では大きく負けてしまいましたが(点数では)、手ごたえも十分でしたし、課題もはっきりしました。そして何よりみんなが笑いながら帰ってこれたことが一番良かったことでした。
これからも『ペルナらしさ』を出しながら、内容・点数共に勝てるようにがんばっていきたいと思います。

      Coachしみず

検証

  • 2010年12月15日(水)

最近、06年ドイツW杯を終えて引退した中田選手の本を読みました。

そこには興味深いことが書いてありました。

『このドイツで日本代表がどんな問題に直面し、何を見失ったのか、その検証だけは忘れちゃいけないと思う。次の戦いのためにね』

07年6月に発刊された本なので、W杯終了後1年たったころの話です。

『自分たちのサッカーをついに実践できなかった今回の経験から、次に目指すサッカーが導き出されるはずだよ。敗北を前へ進むための力にすることが、きっとできる』とも言っています。
4年後の10年W杯南ア大会に向けて、惨敗に終わった06年ドイツ大会直後の中田選手の素直な感想です。

日本人は分析することが大好きです。実際、各世界大会が終わると『テクニカル・レポート』と称して、世界と日本の差、世界に通用していること・足りないことなどを検証してDVDにまとめ、その後の各代表・トレセンでの活動に役立てています・・・。

10年W杯が終わって5ヶ月が過ぎ、日本国民にはW杯そのものが完全に忘れ去られてしまいましたが(苦笑)、中田選手が語ったように、日本サッカー界は惨敗したドイツ大会から4年間、その検証をおこない、南ア大会で実践することができたでしょうか・・・。
確かに直前の合宿地でのトレーニングマッチまでは、実践していたし、しようとしていました。しかし、実際はどうだったでしょう・・・。
ベスト16という結果は残しましたが、それは4年前の検証に基づく強化の賜物だったでしょうか。
みなさんはどう思われますか?

しかし、岡田監督というのは非常に頭のいい、すばらしい監督でしたね。

楽しいの貯金

  • 2010年12月13日(月)

11・12日の2日間、いろいろなカテゴリーでたくさんゲームを楽しみました。

11日はU−12・11、12日はU−9で2日間選手はゲームを楽しんだし、我々指導者は多くのこだわりの指導者と情報交換したり、現状報告をしたりいっぱい話を楽しめました。

U−12・11は、速いプレッシャーのなか、どこまで自分たちのサッカーができるかを見るいいチャンスでしたが、どうしてもプレッシャーのスピードに付いていけず、ミスが増えたりアバウトなプレーが多くなってしまいました。
どこまでいっても『OK!』にはならんなぁ・・・
まぁ完璧じゃないから努力を続けるし、どんどん進化していけるんだと思うし、次が楽しみになってくるんでいいんですけどねぇ(笑)
ハイプレッシャーでも平気でペルナのサッカーができるようになるまで、結局は練習しかないので毎日の練習を積み重ねていくことが大切です。やっぱり少年の指導は『忍耐』です!

U−9は楽しそうにしていましたねぇ(笑)
試合中は口を尖らせてボールを追いかけていましたし、試合の間は砂遊びやGKの練習?シュート練習?に熱中していました(笑)
大会の趣旨がチャレンジマッチだったので、勝ち負けは関係なく順位を付けることもしなかったので(ペルナ的には順位を付ける大会でも同じですけど)、8人制とうたってあるのに9人や10人でやったり、審判もある程度セルフジャッジにしたりとリラックスした雰囲気の中試合は進んでいきました。
指導者はリラックスして観ていましたが、選手は試合が始まると本気モード!1点でも多く取りに行くし、『負けたくない』と顔に書いてがんばっていました。
なかなか試合に参加できない選手もいたので、久しぶりにゲームに出た選手を観て『うまなったなぁ』と感心することばかり。『がんばれる』選手もたくさんいましたし、これからが楽しみです!
U−9は18人の参加だったので、9人の2チームに分けました。
『どやって分けようかなぁ・・・』
ひらめきました!今回は血液型で分けてみました。A型とそれ以外の2チーム。おもしろかったですねぇ(笑)結構性格出てましたよ(笑)

少年のうちにいっぱい楽しんで、『楽しいの貯金』をたくさんしなければいけません。たくさん蓄えておけば、一生サッカーを楽しむことができます。
我々指導者はその貯金のお手伝いをしていきましょう。
それが日本のサッカーの発展につながります。

      Coachしみず

ストライカー

  • 2010年12月08日(水)

『フォワードは、天からの贈り物なんだ。だってそう思わないか。野性的な身のこなしを持ち、どんな状況にあっても攻撃的な精神を忘れず、立ちはだかる敵をかいくぐってゴールを奪う嗅覚を持った人間なんて、決して人工的に作り上げることなどできないよ』

フランスのサッカー誌記者、ヴァンサン・マシュノーという人が言った言葉です。

『つまり私が言いたいのは、才能を見出し、それを結実させることは、人知の及ぶところではない、ということだ。才能を見つけ出しても、怪我で失うこともある。そこには常に運、不運がつきまとう』

天性のストライカーは偶然の産物であると・・・
しかし、こうも言っています。

『しかし、人材を見つけ、育てることを諦めるわけにはいかない。なぜなら、そのことが国のサッカーの行方を左右するからだ。贈り物はどの場所にもたらされるか、どこで育っているかわからない。だからこそ、小さな子どもたちの教育が大切なんだよ。大人たちは、幼いころから才能を見極め、その才能が間違った道を進まないように教育しなければならない。それが未来のサッカーのためにできる最良のことだ』

子どもたちがサッカーを始める最初の指導者、ジュニア年代の指導者として大いに考えさせられる文章です。

小学生の指導者は、何も知らない真っ白な子どもを、サッカーの世界へと導いていきます。
小学1年からチームに所属すれば、他のどのカテゴリーよりも長い6年間もの間一緒に学ぶことになります。

『世界に通用するストライカーが釜本以来出ていない』

という事実を、少年の指導者はどう考えますか?

       Coachしみず

個人の技術

  • 2010年11月30日(火)

27・28日も多くのこだわりのチームとゲームを楽しむことができました。

指導者が個性的な人ばかりなので(笑)、自然とその指導者が指導しているチームは個性的なチームばかりです(笑)。
特に夜の指導者は超個性的で、昼間の顔とは違った顔が見えて大変楽しく過ごせました(笑)。

今回も非常に『細かい』部分のこだわりについての話が出ました。なかなかグランドで分からないことも、夜ゆっくり話を聞いてみると『なるほどなぁ』と思わされることが多くて、毎回勉強になります。

2日間集まった指導者たちは多くの細かいこだわりを持っています。それもびっくりするほどの(笑)
ただ、その全てを選手に伝えるかどうかは、その指導者の考え方一つです。知っていることを全て伝えるのも一つの方法。知っていてわざと伝えないのも一つの方法。選手によって伝えたり伝えなかったり・・・
そんなところにも指導者のこだわりが見え隠れして勉強になるし、おもしろいです!

今回特に思ったのは、やっぱり『個人の技術が大切』ということ。
6年生の残りも少なくなり、ますます選手が成長していくのを観て、『個人の技術なくして、グループ・チームの形はできない』と強く思いました。逆に言えば、個人の技術がしっかりしていれば、どこのチームに行っても対応できるということ。

今回集まった全てのチームの選手が、以前見たときより確実に成長していました。もちろん、ペルナの選手も成長しています。
後何回同じチームとゲームできるか分かりませんが、6年生の最後まで競い合って技術を高めていきたいと思います。

      Coachしみず

『自由』

  • 2010年11月24日(水)

『ピッチで自由であるためには、まず選手が自立している必要がある。しかも、自由にプレーするためにはそれだけの能力がなければならない。それには自らを律し、能力を高めるための不断の努力が必要になる。つまり、「自立」と「自律」に支えられたものが「自由」なのだ。試合の主役は選手自身であり、監督はそれに同伴することしかできない。ピッチの上で選手は自由であるべきだ。なぜなら、選手たちの自由な創意がなければ、小さなチャンスを大きく押し広げることも、不意に訪れる予測不能な危機にも対処できないのだから・・・』

以前、日本経済新聞に掲載されたコラムの一部です。

まさにサッカーそのものを言っている文章であるとともに、サッカーというスポーツの一番の魅力であり、かつ最も難しい部分を表している文章とも言えるのではないでしょうか。

自由・・・実は日本人にとって、簡単なようで難しいことのような気がします。

このテーマを考えるときにいつも思うことがあります。
それは、『日本人にサッカーは向いているか?』ということです。
今までは『身体能力的に日本人は世界で勝つことができないのではないか?』と考えていましたが、最近は『メンタル的・文化的に世界で勝つことができないのではないか?』と考えるようになりました。
確かに日本人は知的で器用な人種だと思います。ただ、それが日本人のサッカーに対する成長を止めているような気がします。

上手く表現できませんが、最初から球状のものを磨いてきれいな球にしているのが日本のサッカー、それに対し世界のサッカーは、最初はゴツゴツな大きな岩を削っていってきれいな球にしているような気がします。
なんとなく、それこそが育成年代の『自由』につながっているような・・・んー・・・やっぱり上手く表現できません(汗)

サッカーだけでなく、外交も下手な日本が、世界と対等に戦うためには子どものころ(育成年代)に何をするべきで、何をしないべきか?真剣に考える必要があります。

『自由』には『責任』が必ず付いています。

      Coachしみず

第1回W杯

  • 2010年11月15日(月)

皆さんは『第1回W杯』がウルグアイで開催されたことを知っていますか?

第1回W杯は1930年、南米の小国ウルグアイで開催されました。
ヨーロッパで生まれたとされるサッカーの記念すべき世界大会の1回目が、なぜウルグアイで開催されたんでしょう?
W杯の元締めというべきFIFA(国際サッカー連盟)が設立されたのが04年。それまでには、ヨーロッパの各国でそれぞれのサッカー協会が設立されており、国同士の国際試合も盛んに行われていました。そうするとルールやグランドの規格など様々なことを統一する必要が出てきました。それに国同士の国際試合が盛んになってくると、『どの国が一番強い?』という話題になり、各国のサポーター達は『うちが一番』と口をそろえて言い始めました。それなら各国のサッカー協会が集まって連盟を作り、世界一決定戦をやろうって話になりFIFAが設立されました。
11年にはラテン・アメリカ諸国がFIFAに加盟し、FIFAは世界的な規模になりました。(日本は29年に加盟)

各国の思惑もありW杯第1回の開催は30年になってしまいましたが、その開催国に立候補したのは、イタリア・スペイン・オランダ・スウェーデンのヨーロッパ4ヵ国と南米のウルグアイでした。普通に考えるとヨーロッパの国の中から開催国が決まると思われていました。FIFAの中心はヨーロッパの国々でしたし、当時ヨーロッパから南米へは船で2〜3週間もかかっていたので南米開催になると、多くのヨーロッパの国が参加できないと思われていたからでした。しかし、大方の予想に反してFIFA第3代目会長・フランス人のジュール・リメはウルグアイを開催国に選びました。その真相は分かりませんが、30年がウルグアイの建国100周年にあたることと、ワールドスポーツとしてサッカーを世界に認知させる意味合いがあったと言われています。
当のウルグアイは、24年パリ・28年アムステルダム大会と、オリンピック2連覇をしていて『ウルグアイが世界チャンピオンだから当然!』と思っていたようです。
ちなみにウルグアイで開催された第1回W杯の参加国は13。開催国ウルグアイ、南米からブラジル・アルゼンチン・チリ・ペルー・ボリビア・パラグアイ、ヨーロッパからフランス・ベルギー・ルーマニア・ユーゴスラビア、中米からメキシコ、北米からアメリカの計13ヵ国で、決勝は開催国ウルグアイがアルゼンチンを破り、初代王者に輝きました。

私も一度だけ足を踏み入れたことのあるウルグアイの首都モンテビデオ。そのモンテビデオを中心に開催された第1回のW杯にこんな物語があったとは・・・深いです!

     Coachしみず

スポーツ・勉強の持つ本来の意味

  • 2010年11月11日(木)

先日、『メンタルトレーニング勉強会』に参加してきました。

そこで非常に興味のある話が出てきました。
日本に来ているオーストラリア人のラグビーコーチが『日本は、高校生の全国大会を廃止するべきだ』と言っているということでした。
どういうことかと言うと、『勝つことにこだわりすぎて危険だ』ということです。もっと言うとそれは高校生だけに言えることではなく、中学生・小学生にも言えることでしょう。
我々少年の指導者は、『高校年代も育成』と思っているので、全国大会の県予選を観に行くと『がっかり』します。
私は観に行ったことがないので分かりませんが、少年の全国大会の県予選を観に行っても同じことを思うんじゃないでしょうか。

スポーツをやっている以上、勝つために全力を尽くすべきだと思うし、それは当り前のことだと思います。しかし、それはトップの話で育成年代には当てはまらないと思います。
対外的に育成年代の指導者は『育成しながら勝つ』と言っていますが、果たして公式戦になっても育成を一番に考えているでしょうか。

『勝つことが楽しく好きな人は、負けたらそのスポーツ自体を嫌いになってしまう』
勉強会での一言です。
いわゆる『燃え尽き症候群』ってやつですね。
学校の先生にも同じことが言えるようです。勉強の結果を求めすぎて勉強の楽しさを教えていない。そのため大学に入るためにめっちゃ勉強するけど、大学に入った途端に勉強しなくなる。

スポーツ・勉強の持つ本来の意味とは何でしょう?

結果ではなく、選手の成長を願い、喜べる指導者になりたいものです。

      Coachしみず