全員参加の試合

  • 2011年05月09日(月)

8日は全員参加の試合を四日市でおこないました。

新学年になって初めての全員の試合で、中にはまったく試合が初めてという選手もいました。

高学年はこの時期、昨年までの高学年のサッカーを引き続きやる選手と、昨年までの低学年のサッカーから脱却できてない選手が混ざり合って試合をやるので、非常にまとまりがなく、難しい時期に例年なります。

もちろん、今年もそんな感じでした。

毎年毎年同じですが、ここから1年かけて、低学年のサッカーを高学年のサッカーに、高学年のサッカーを、より高学年のサッカーに成長させる作業が始まります。

慌てず、気長にならなければなりません。

毎年、どこかに『焦り』が出るときがあって、いつも少し『失敗したなぁ』って思うときがあります。

今年は、早くも8日に出たかなぁ・・・

絶対慌ててはいけません。

仲良しのチームのマスコットは『かめ』です。
ゆっくりと、でも確実に進んで行こうっていう意味です。
うちもそんな感じでいかねば・・・
“トータス・ペルナ”でいきますか!
今年も再確認できて良かったです!

それに比べ低学年は、初めて試合に参加した選手も含め本当に楽しそうでした。
どういう訳か、ライン際でかえるの歌を合唱してましたが・・・(笑)

今年もいい1年になりそうです!

        つたえびと しみず

GW後半

  • 2011年05月06日(金)

GW後半が終わりました。

今回は3・4・5日の三日間愛知県に行ってきました。

埼玉から東京・富山・岡山・兵庫・大阪・静岡・岐阜・三重に愛知のチームが集まり、楽しく三日間過ごしました。

集まった全てのチームがこだわっていて、いろいろと選手・指導者ともに勉強になりました。

4月からやってきたことを、グランドでどこまでやれるかがテーマでしたが、なかなか難しく、できている部分もあったし全然ダメな部分も・・・
まぁ指導ってそんなことの繰り返しなんで特に気にしていませんけどね(笑)

GWは新しいチームになって初めて顔を合わすチームが多いので、『今年の他のチームはどんな感じかな』って楽しみにしてグランドに集まるんですけど、どのチームも個性的な選手ばかりでした!

たくさんの指導者ともいろいろな話ができました。
ここに集まる指導者は、口だけじゃなく選手・チームをしっかり作ってきているので、話を聞いて選手を観ることができてめちゃくちゃタメになりました。

これからも、いろいろな考え方・指導の仕方を参考にして、その中にもオリジナル性を持って、全ては『選手のために』を基本に、サッカーを楽しんでいきたいと思います。

        つたえびと しみず

GW前半

  • 2011年05月02日(月)

GW前半が終わりました。

今年は29・30日大阪遠征、1日愛知遠征でした(1日愛知は雨で中止になりましたが・・・)

大阪は今回も熱かった!
2日間とも選手たちは本当に楽しそうでした。
1日多い選手で4試合、少ない選手で3試合半という量でしたが、全然やり足りないという感じで『コーチ、もっとやろ!』とか、Bチームの選手が先に終わったので『ダウンして着替えて』と言っているのに、『もしかしたら誰かケガするかもしれやんで待っとる』と言ってベンチから離れない選手が多数!
いつもながら子どものパワーは無限大!
『楽しい』は疲れ知らずです(笑)

そう言えば今回は帰りのバスでも起きている選手が多かったなぁ。
出発してからずーっと寝ていたのはHコーチだけでした(笑)

夜も熱かった!
今回は、『元アンダーの日本代表監督経験者』を交えてのサッカー談義。
いい人でした!
熱くサッカーを語るんですが、柔らかい。
どんな話を振っても自身の明確な答えを持っていて語ってくれます。
特に共感できたのは、話の節々に『今の考えとしては・・・』と言っていたこと。
いろいろな国のサッカーの育成を見てきた人だからこそこの、『今は・・・』というフレーズが出てくるんでしょうね。
他の人や国の考えを聞き、取り入れることのできる柔軟な考えを持ちつつ、ど真ん中の “幹” の部分はしっかり持っている、そんな感じでした。

いろいろな人との出会いが自分の人生を豊かにするし、指導に役に立ちます。
サッカー関係者はもちろん、それ以外の人からも必ず得るものはあります。
これからも積極的に様々な人と出会い、自分を磨き、子どもに伝えていきたいと思います。

       つたえびと しみず

子どもの可能性

  • 2011年05月01日(日)

イタリアの名門『インテル』で活躍中の長友選手は、結構パンチのきいた学生時代を過ごしたようです。

小学3年生のときに両親が離婚した長友選手は、引っ越し先の愛媛県西条市でサッカーを始めました。

中学に上がるとき、J2愛媛FCのジュニアユースのセレクションに落ち、地元の中学のサッカー部に入りました。
当時の長友選手は、完全な不良というわけではありませんでしたが、茶髪でガムを噛んで授業を受けたり、練習をさぼってゲームセンターに入り浸っているような子どもでした。
それを当時の中学校の先生が長友選手の目をサッカーに向け、後に長友選手本人が『中学時代が一番練習した』というほどサッカーに打ち込みました。

その後、福岡県の名門『東福岡高校』に進学し、2年でレギュラーに。
しかし、国体の選抜チームにも選ばれることがなかった長友選手に、大学からのスポーツ推薦の声はかからず、ましてやプロなど雲の上の世界でした。

卒業後の進路は、母・美枝さんの父親が競輪選手だったこともあり、競輪学校へ進むことも真剣に考えましたが、『母子家庭なのに高いお金を出してもらって県外の私立に通わせてもらっている。サッカーだけでなく勉強もがんばるんだ』と文武両道を貫いた長友選手は、成績優秀者だけが獲得できる指定校推薦を勝ち取り、明治大学に進学しました。
明治大学サッカー部には一般入部希望者として入部。
そこで2年のときに腰のヘルニアが発生。
挫折の先のボランチからサイドバックへのコンバートがきっかけとなり、FC東京のスカウトの目に留まって今の活躍となりました。

母・美枝さんは
『あんたは絶対できる。ジャンプするときだって最初はしゃがむでしょ。頭角をあらわすのは後からでもいいんだから』
と言ってはげましたようです。

選手はどこで転機がきて、どこでブレイクするかわかりません。
親も指導者もそこをしっかり理解して子どもを見守る必要があります。

子どもの可能性は無限です。

子ども自身が自分の可能性を信じて努力ができるよう、環境を作ってサポートすることが、我々のできるベストな選択ではないでしょうか。

       つたえびと しみず

初心

  • 2011年04月27日(水)

4月になって新しいチームでの活動が始まった選手も多いことかと思います。

いままでと指導者が変われば、選手の評価も変わります。
そのチームでの事情もあるでしょう。
自分と同じポジションに越えられそうもないすごい選手がいるかもしれません。

そんなときどうすれば、どう考えればいいでしょうか。

セルティックの水野晃樹選手は移籍した直後の自分をこう言っています。

『新しいチームに入って自分の長所を伸ばすよりも、短所を克服しようと意識していました。でもそんな僕は特徴のない選手でしかなかった』

元日本代表の松田直樹選手はこう。

『自分自身を表現することをやめてしまったら、何のためにサッカーをやっているんだろう』

確かにサッカー選手は『試合に出てナンボ』だと思いますし、そのために監督が自分に求めていることを知る必要はあるし、その要求に答える努力をする必要があると思います。
でも究極は松田選手のいう『何のためにサッカーをやっているんだろう』っていうことだと思います。

朝倉大樹選手は、

『もちろん試合には出たい。しかし、ライバルとの競争に一喜一憂するためにサッカーを始めたわけではない』

と言っています。

新チームでの活動が始まると、それまでにはなかった様々なストレスが発生してきます。
そんなときはもう一度思い出してみましょう。
自分がサッカーを始めたころの気持ちを・・・

       つたえびと しみず

フットサル

  • 2011年04月25日(月)

この週末もたくさんサッカーを楽しむことができました。

23日はフットサル大会に参加しました。
私自身10年ぶりのフットサルでした。
10年前に初めてフットサルの大会に参加して、いろいろと思うところがあり、その後全く参加していなかったのですが、今回はそれほど細かくない大会規定で仲の良い指導者が誘ってくれたので参加しました。

当日は、うちの選手の90%が所属する小学校の授業参観と重なってしまい、5・6年で6人の参加となってしまいましたが、その分選手たちは『たくさん(試合に)出れていい』と喜んでいました(笑)

普段の練習なら10対10位でやる広さのコートに、GKを含んで5対5という少人数でのゲームは、通常の練習では見えてこなかった課題が見えて、選手・指導者ともに勉強となった1日でした。

10年ぶりのフットサルは、その間にルールも変化していて、『なんかよー分からんなぁ』っていうものもありました。
一番分からなかったのは5秒(4秒?)ルール。
外に出たボールをキックインやGKのスローイングでプレーを再開するのを5秒以内にやるっていうもので、審判が手を上げて指で1・2・3・・と数えるやつです。
なんか選手を慌てさせているようで、『プレーの向上』になんの意味があるんでしょうね(苦笑)
多分『時間かせぎ』の防止のためのルールでしょうが、そんなルールを作らなければならないようなプレーをしていたという証拠のようなものです。
結局ここでもスポーツの本質、特に育成年代の本質から外れた考えの産物ですね。

また機会があれば、是非参加したいですが、この先もっと『本質』から外れないことを祈ります(苦笑)

      つたえびと しみず

美しいサッカー

  • 2011年04月20日(水)

静岡県出身の元日本代表・川口能活選手が、静岡県出身らしいオシャレなことを言っていたので紹介します。

『世界には富士山より高い山はあるけど、富士山より美しい山はないと思っている。サッカーでも、そうありたいよね。日本より強い国は何十とある。でも、いつの日か、日本のサッカーは真似ができないほど美しいと言われるようになりたいんだ』

ねっ!オシャレでしょ(笑)

関東に向かう高速道路の車中、天気のいい日に目の前に広がる富士山は本当に美しく、感動すら覚えます。

その静岡のシンボル『富士山』をサッカーに例えるとは、なかなかやりますなぁ(笑)

『美しいサッカー』・・・
今でいえば、国なら『スペイン』、単独チームなら『バルセロナ』ってとこでしょうね。
もちろん『強い』にこしたことはありませんが、『美しい』ほうが個人的には好きです。

スペインもバルサも美しく強い。
スペインは世界一の国、バルサは世界一のチーム。
美しいサッカーが強いということは、我々『美しさを追求』している者にとって、心強いし勇気を与えてくれます。

ペルナは『富士山サッカー』を目指し、
『バルサッカー』を追求していきます!(笑)

      つたえびと しみず

復興

  • 2011年04月19日(火)

震災地復興のために、『スポーツがどんな役に立てる』でしょうか。

『こんなときにスポーツなんかやってる場合か』
『こんなときこそスポーツで元気を』
いろいろな声が上がりますが、私は『今だからこそスポーツで元気になろう』に賛成です。

震災が起きて早々にサッカー界はチャリティーマッチを開催しました。
他のスポーツもチャリティーマッチをおこなっています。
多くのスポーツ選手が被災地を訪れ、ボランティアに精を出したり、被災者と一緒に汗を流したりしています。

結局スポーツ選手は、そのスポーツをすることでしか元気を与えることはできません。

日本を元気にするためには、普段以上のプレーが出せなければいけません。

チャリティーマッチのキングカズやゴルフのマスターズで初の予選通過20位になった遼君、そのマスターズで被災地・東北福祉大2年で27位になり日本人初のローアマを獲得した松山選手。

元気のためには、
『ちょっとやそっとの成績じゃダメ。持っている以上のものを出さないと』

この危機にスポーツが持つ責任は大きいと思います。

決して妥協せず、必死に努力を続けましょう。
がんばる姿はきっと被災地に届くことと思います。
そして日本は必ず復興します!

      つたえびと しみず

飛び級

  • 2011年04月18日(月)

“飛び級” の持つ意味はなんでしょう。

飛び級とは、例えばU−23日本代表にU−21の選手を入れるとか、もっと身近なところでは6年生の試合に4年生を入れるといったことです。

上のカテゴリーの中に、下のカテゴリーの選手を入れるメリットはなんでしょう。

当然育成年代での1歳2歳の差は大きく、体力差によるケガや、年上の中でメンタル・モチベーションの維持の難しさなどデメリットも少なくありません。
ただそれ以上に年上の中に入ってプレーすることで得るもののほうが、はるかに大きいのでやっぱり私は “飛び級” 賛成派です。

サッカー界ではガンバの宇佐美選手でしょう!
現在18歳の宇佐美選手は、U−22日本代表候補に名前を連ねています。
将来、日本代表を背負う選手になる可能性を秘めています。

興味深いのはゴルフの石川遼君。
15歳で杉並学院に入学した遼君は、そこの指導者に才能を見出され、初めてのツアー『マンシングウェアオープンKSBカップ』で15歳で劇的な優勝を飾り、『遼君フィーバー』を巻き起こしました。

この指導者は遼君の杉並学院入学が決まると、『こいつは天才だから出してくれ』とツアー関係者に電話をかけまくり、15歳の少年をプロの土俵で戦わすことに成功しました。
その結果が初ツアー・初優勝です。
体の成長が早い女子は宮里藍選手らが、中学・高校から活躍するケースがありましたが、男子は25歳くらいにならないと体が出来上がらないので、通用しないと言われていました。
しかし、この指導者は経験上、『男子はレベルの高い試合をやったほうが生き生きする』ということを知っていました。
そんな持論から、15歳の遼君をプロツアーに参加させましたが、スイングの良さ以上に彼に魅かれた部分があったようです。
そんなに裕福ではない普通の家に育った遼君は、いつも練習場やコースに協力してもらってゴルフができていたので、周りの人に感謝する気持ちが常にあったといいます。
それに後輩の面倒見もいいし、勉強もできるから、誰もが『遼と一緒に回りたい』と言っていたそうです。
スイングの良さ以上に、『人間性が素晴らしかった』ということです。
雰囲気・インタビュー、何より顔にそんなところが遼君には見えますよね(笑)

この指導者は、『ちょっと難しいことに挑戦させて、それをクリアすれば、さらに難しい領域へ進ませる。そうして「天井の高さをどんどん変えてやる」ことで、飽きずに自発的な努力が続くんですよ』とも言っています。

この指導者の言葉に『育成の全て』が隠されているような気がします。

      つたえびと しみず

観る

  • 2011年04月15日(金)

サッカーの現場ではよく『周りをみる』ことが大切だと言われますが、ちょっと前に日本サッカー協会主催の指導者講習会に参加したときには、『見る』ではなく『観る』という漢字がふさわしいというような話をされた記憶があります。

例えて言えば、『見る』は見学、『観る』は観察といったところでしょうか。

具体的には、ボールを受ける前に周りを観察しておいて、プレーを選択しようということになると思います。

グランドで『観もしないで感覚でプレーするな』と声を上げている場面によく出会うことがありますが、これは『周りを観る』ことをやらずにプレーしているということを指しています。

確かに『周りを観る』ことは大切で、プレーするうえでは最も大事なことの一つだと思いますが、その反面ある意味では『感覚』でプレーすることは、特に攻撃の場面では大切なことだと思います。

その時々にま逆のことがサッカーの世界では重要になってくる・・・

『観ろ』と言ったり『感覚で』と言ったり、結構難しいなぁ・・・(苦笑)

このあたりを子どもにどうやって伝えようかな・・・

決めた!

ペルナでは『子どもに任せる』ことにします!(笑)

     つたえびと しみず