指導者研修・ドイツAーB

  • 2017年09月11日(月)
アップロードファイル 220,607 byte

ヘネフ・スポーツ・シューレの施設

指導者研修・ドイツAーA

  • 2017年09月11日(月)
アップロードファイル 237,755 byte

トレーニングの様子

指導者研修・ドイツA

  • 2017年09月11日(月)
アップロードファイル 265,431 byte

【1日目・8/24(木)】
 当日は8時関西国際空港・国際線出発ロビー集合だったので、前日より大阪に入りテンションの非常に高い一夜を過ごし空港に向かいました。
 
ルフトハンザ航空(LH)741便は定刻通り10時に関西国際空港を離陸し、現地時間の15時(時差7時間のため約12時間の空路)予定通りフランクフルト国際空港に着陸しました。
 
空港到着後、専用バスで宿舎へ。
 
今回の宿舎は『ヘネフ・スポーツ・シューレ』
 
日本のJヴィレッジやJグリーンといったサッカー専用の合宿所のようなところで、宿舎の他に天然芝のピッチが3面、人工芝のピッチが1面、体育館に雨天練習場、プールといった施設が山の中に建っており、サッカーの合宿には最適な環境でドイツ代表はもちろん、メキシコ代表やコンフェデ杯にはアルゼンチン代表が合宿をするなど、サッカーに集中できる場所でした。
 
その宿舎へ向かう途中、今回の研修最初の訪問先『SG 99 アンデルナッハ』のU-10のトレーニングを見学。
 
このクラブはトップチームがドイツ6部リーグに所属(日本では県リーグ1部に相当)、 女子はドイツ2部リーグ所属で、大人から子ども、男女合わせて22チームが登録されています。
 
設備は小さな観客席付の天然芝ピッチが1面、天然芝ピッチ1面、人工芝ピッチ1面、子ども用人工芝ピッチ1面にクラブハウスとカフェ。
 
この設備は市が土地を提供し、市がグランド・クラブハウス等を建設し、市による管理のもと、クラブに無料で貸し出されています。

クラブの運営費は、地元企業によるスポンサー費と行政からの補助。
 
コーチの就職先は地元スポンサー等で、例えばトレーニングが18時からだとすると仕事は16時まで等、コーチであることで優遇されることも多いようです。


※今回見学したいくつかの街クラブでは、ハード面ソフト面ともに全て同じような状況でした。
 

トレーニングの内容は、特に目新しいものではありませんでしたが、トレーニングに対する考え方、例えば『U-10年代ならこんなコンセプト』みたいなところは微妙に違っているのではないかと感じ、 そこはドイツが良いか日本が良いかではなく、両方の考え方を理解したうえで、日本人に合ったやり方を模索していく必要があると感じました。
 
トレーニング見学後、途中ドライブインで夕食をすませ宿舎到着。
 
宿舎に併設されているバーで1杯飲んで眠りにつきましたが、日本を発ってから約24時間寝ずに活動していたにもかかわらず、3時間程しか眠れず『時差ボケ』を経験することになりました。

COACHしみず

指導者研修・ドイツ@

  • 2017年09月08日(金)
アップロードファイル 305,360 byte

2017年8月24日(木)〜2017年8月31日(木)の間、COACHしみずが指導者研修でドイツに行って来ましたので、ご報告させていただきます。

お楽しみください(^O^)

【始めに】
 今回のドイツ指導者研修の始まりは、2017年2月25日(土)大阪府狭山市のガストで懇談中、池上さん(池上さん:池上正氏『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』他著書多数、YMCA大阪→ジェフ千葉→京都サンガ→現在に至る)からの『一緒にドイツに行きませんか?』というお誘いからでした。

 以前より池上さんからは海外のサッカー事情、とりわけドイツの事情についてお話を聞かせていただいており、現在圧倒的な強さを誇るドイツ代表を作る土台、文化、街クラブの活動など興味深い部分を自分の目で確かめたい、そう思い『行きます!』と返事して今回の指導者研修が実現しました。
 
ドイツ指導者研修の話を仲間の指導者にしたところ、高校からの同級生であるSCアーヴォリの寺井監督も同行することとなり、今回のドイツ指導者研修が珍道中となることが決定しました(^O^)
 
今回の狙いは、ブンデスリーガの下部組織のトレーニング見学等ではなく、自分たちと同じような立ち位置にある街クラブの現状、ドイツと日本のサッカー文化の違い等、通常の海外指導者研修とは少し違った視線から『ドイツを観る』ことでした。
 
それと私のもう一つの狙いは、たく(浅野拓磨:ペルナSCOB・シュツットガルト・ブンデス1部)のゲームを観戦すること。
 
これは池上さんに無理を言って、寺井監督と行程中2日間別行動にて実現しました。
 
ドイツの興奮と感動が鮮明な今、1日目より順を追ってご報告させていただきます。
 
『旅行記』みたいになっていますが、お付き合いのほどよろしくお願いしますm(__)m

COACHしみず

中体連

  • 2017年07月25日(火)

先日、ペルナのジュニアユースのほとんどが所属し、選手のほとんどがペルナOBである八風中の中体連を観に行きました。

結果は残念ながら敗退となりましたが、この大会は選手たちにどんな教訓を残したでしょうか。




『言ったようにはならない。やってきたようになる』とは仙台の仲良し指導者の口癖。




3年生は最後の公式戦に向けての準備は完璧だったでしょうか。

1年前に新チームになってから、この日のために積み重ねてきた準備は完璧だったでしょうか。



ある選手は『緊張のためいつも通りのプレーができませんでした』と語りました。

リーグ戦やトレーニングマッチで中体連のゲームのような『緊張感』を持ってプレーしていたでしょうか。

非常に難しいことです。

難しいからこそ、それができる人・チームが勝ち負けに限らず何らかの『結果』が間違いなく出ます。

その結果を感じ取ることはできたかな。



今回のゲームは、長いサッカー人生の中のほんの少しにしかすぎません。

これからも前を向いて進んで行きましょう。

まだまだ始まったばかりです。

引き続きがんばっていこー!!

当然ペルナのジュニアユースは通常通り練習をやっていますよ(^^)

つたえびと しみず

研修会

  • 2017年07月03日(月)
アップロードファイル 275,407 byte

7月2日(日)に『シナプソロジー』の研修会に行ってきました。

『シナプソロジー』とは『シナプス=脳神経細胞同士の結びつき』と『ロジー=○○理論』の造語で、遊びの中で脳神経を刺激し、手先が器用になったり、判断するスピード・反応するスピードがあがったり、脳の認知機能(思考・言語・注意・空間視野・記憶)の向上、爽快感の向上などの効果が出ると言われています。

ある人を通してシナプソロジーの存在を知り、以前から興味があったのですが、今回研修会のチャンスがあったので大阪まで行ってきました。

なかなか面白かったです(^O^)

これから練習の最初に5〜10分程入れていきたいと思います。

選手たちには遊んでいるように感じさせといて、脳が活性化されたらサッカーだけでなく勉強にと利用できるんじゃないかな(^O^)

選手とともに学んで、がんばります!>^_^<

COACHしみず

池上さんサッカー教室

  • 2017年05月15日(月)
アップロードファイル 619,736 byte

5/13に元Jリーグ・ジェフ千葉や京都サンガで育成部長をされていた子育てのプロである池上正さんをお迎えして、ペルナ主催のサッカー教室を開催しました。

私と池上さんとの出会いは池上さんの著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』という本でした。

題名に引かれて購入。

読みはじめて内容に引き込まれ瞬読!

今までの指導の未熟さ。

子育ての根本的な勘違い。

人間の器の小ささ。

ショックが大きすぎて・・

と同時に『池上正』という人間にすごく興味を持ちました。

本を読んでこんな気持ちになったのは初めて。

Jリーグ関係の友人に『池上さんに会わせてくれ!』と無茶振り!

運良くジェフ千葉時代の池上さんと千葉駅前の居酒屋で対面!

8年ぐらい前になるかなぁ・・

それ以来の付き合いで今回のサッカー教室が2回目になります。

何人かの保護者の方は池上さんの指導を見ていただいきましたが、池上さんの指導は見た目より非常に奥が深いです。

サッカーの上達はもちろん、コミュニケーション能力や自主性、判断力や思いやりの気持ちなど社会に出て必要な能力を付けること、サッカーの根本、スポーツの本質など、メニューの中にあらゆるメッセージが込められています。

指導者として本当に勉強になります。

やっぱりペルナは池上流でいきたい!

池上流をベースにペルナらしさを入れてペルナオリジナルを作りたい。

やっぱり指導者は学び続けなければいけない。

子どもたちの笑顔のために・・

ここでは書ききれません。

いつでも聞いてください。

私で分かること、私の想いならいつでもお話しますよ(^O^)

これからもがんばります!

本当に勉強になった、子どもたちの笑顔溢れた、幸せな週末でした(^O^)

ありがとうございましたm(__)m

つたえびと しみず

ラストゲーム

  • 2017年04月01日(土)
アップロードファイル 269,485 byte

今年も3/31を迎えました。

卒業のシーズンです。

ペルナでは3/31までが旧学年での活動になりますので、最後の最後までペルナのジュニアとして活動してもらいます。

今年の6年は25人!

驚きの人数ですが、そのままジュニアユースに上がるのが20人!

これまた驚きの、すごくうれしい人数です(^O^)

3/28にはペルナのジュニアとしての最後のゲームでした。

ジュニアユースに上がってくれる選手が多いので4月以降も一緒にトレーニングできますが、この選手たちでこのユニフォームを着てプレーするのはこの日が最後です。

そのピッチにキャプテンの姿がありません。

3月頭に腕を骨折してしまい、3週間に渡る最後のゲームに全くでれませんでした。

最後のゲーム、いつも通り前半と後半総入れ替えで戦います。

前半に出場した選手はゴール裏で後半の選手を応援しています。

雨が強くなってきました。

何かが足りない。

今年の6年、全員の仲が良く、みんなで楽しくプレーしてきました。


何かが足りない・・・


この1年、多くを語るタイプではありませんでしたが、みんなを行動で引っ張ったキャプテンの寂しそうな姿。

最後、どうしてもキャプテンを出場させたくて・・・

ペルナのジュニアとしての最後のタイムアップのフエの瞬間、キャプテンにピッチに立っていて欲しくて・・・

相手チームの協力を得て、5分間だけピッチに立つことができました。

出ている選手も、出ていない選手も、一体になった最後のゲーム。

忘れられないと思います。


保護者の皆さま、大切な宝物をお預りしました。

こちらが教えられることばかりで、何もできませんでしたが、この選手たちと一緒に過ごせて幸せでした。

本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

PERNA SC しみず

仙台のチーム

  • 2017年03月27日(月)

3/18・19・20のホームゲームに、はるばる仙台から来てくれたチーム『FC Enable(エフシー エナブル)』の代表さんが、自チームのブログに三重の感想を『JR卒業遠征 総括』として書いてくれました(^O^)

よかったらどうぞ>^_^<

http://fcenable.seesaa.net/s/article/448229092.html

つたえびと しみず

今年の中3

  • 2017年02月20日(月)
アップロードファイル 255,430 byte

やがて2月も終わり。

卒業のシーズンがやってきました。

今年のU−15の選手は5人。

全員本当に思い入れの強い選手ばかりです。

幼稚園からペルナで10年。

あっという間でした。

この5人には感謝しかありません。

本当にいろんなことを学ばせてもらいました。

サッカーの楽しみ方、この5人のプレーから指導のヒントをもらいましたし、圧倒的な練習への参加率の高さ、この選手たちのプレーからは喜びがあふれていました。

なんか寂しいなぁ・・

全員4月からはステージを高校サッカーの場に移して、厳しい戦いにチャレンジするようです。

がんばってもらいたい!

彼らの成長を見続けたいし、彼らのプレーを観たい。

いつでも練習に遊びに来てくれ!

そして、高校サッカーの後、大学サッカーかプロサッカーか、どの道へ進むか分かりませんが、またペルナに戻ってきて欲しい。

トップチームで待ってます(^O^)

これからも、周りの人に感謝を忘れず、がんばれ‼

いつまでもペルナサッカークラブは応援します!

今まで本当にありがとう!

つたえびと しみず