四日市社会人選手権・決勝B

  • 2013年08月19日(月)
アップロードファイル 88,827 byte

ロッカールームの様子

四日市社会人選手権・決勝A

  • 2013年08月19日(月)
アップロードファイル 97,975 byte

試合の様子

四日市社会人選手権・決勝

  • 2013年08月19日(月)
アップロードファイル 100,456 byte

四日市社会人選手権・決勝が18日、四日市市の中央緑地公園で行われ、ペルナSCのtopチームが優勝を目指して戦いましたが、惜しくも破れ準優勝に終わりました。

登録しているメンバーのほとんどが集まったこの日、ペルナは決勝にもかかわらずいつもと同じ戦いかたを選択しました。

ジュニアと同じ『全員出る』戦いかたです。

確かに『勝利』のためなら40代、50代の出場は『?』かもしれません。
しかし、毎週の練習や小学生のころから一緒にプレーしてきた仲間同士のこと、勝つためにメンバーを固定することはできないとの結論になり、みんなが交代して出場することにしました。

結果は負けてしまいましたが、今回は貴重な経験をさせてもらいました。

会場はホームスタンドだけですが、観客席のあるスタジアム。
そこに約100人ほどのペルナのジュニアの選手・保護者が応援に駆けつけてくれました。
選手は黄色のユニフォームを着て、保護者のかたもブラジルのユニフォームなど黄色のシャツを着用して応援してくれました。
『スタンド満員』という訳にはいきませんが、スタンドの観客はほぼ黄色一色。
完全ホーム状態でした。

自分がプレーしていた前半は全く気付きませんでしたが(必死にプレーしていたので(^_^;))、後半ベンチに座っているとすごく感じました。

『ホームの力』を。

ペルナが攻めてシュートまでいくと『わー!』という歓声。
逆に失点すると『あー↓』という落胆の声。

『これがホームか』
『サポーターの後押しか』

全てのプレーがペルナ目線の歓声で、初めての経験でした。

topチームがピッチで戦い、小学生が同じユニフォームを着て応援する。
まるでJリーグのチームのような光景に、もちろん規模・レベルは違いますが、感動しました。

これからも今あるtopチーム、ジュニア、ジュニアユースのチームを充実させていくことはもちろん、チャンスがあればフットサル・レディース・シニア・ママさん辺りにもチャレンジしていきたいと思います。

応援に駆けつけてくれはみなさん、本当にあがとうございましたm(__)m
これからもよろしくお願いします!!

つたえびと しみず

中体連

  • 2013年07月23日(火)
アップロードファイル 601,714 byte

7月20・21・22日の3日間、中体連三泗地区予選が行われ、ペルナのジュニアユースの選手のほとんどが所属する中学校は、残念ながら準決勝で敗れてしまいました。

21日の2回戦から登場したこの中学校は、ジュニア時代に定期的に試合していたチームの選手が多く所属する中学校と対戦し、なんとか1―0で勝利。
続く3回戦も接戦を1―0でものにして、22日の準決勝に駒を進めました。
準決勝は1―1のまま延長戦に突入。
そこでもゴールが決まらずPK戦へ。
残念ながらPK戦をものにすることができず敗退。
3年生の選手たちは中学校の公式戦を終えることになりました。

自分は21日の2試合を見に行きましたが、内容的にはまあまあかな(^_^;)
どうしても『負けたら終わり』の気持ちが強く、守備の一番は『セーフティ』だったので、リスクを負わず大きく蹴ることが多かったのは不満ですが、攻撃は基本サイドからのクロスではなく、ショートパスとドリブルからの崩しだったので『らしさ』が出ていて良かったと思います。

大会前の練習で選手たちには話をしましたが、これで全てが終わるわけではなく、この先も今まで以上に『サッカー人生』は続きます。
多くの選手が高校でもサッカーを続けると思いますが、そこでワンランク上の選手になるために、今やらなければならないことがあるし、経験しておくことがあります。
選手たちが個人個人、何を思って何を感じたか?
サッカー選手として、また人間として成長するチャンスです。
そのチャンスを掴むも逃すも自分次第。
人生は自分で切り開くもの。
選手たちの話を聞くのが楽しみです(^o^)

ペルナでは今日もジュニアユースの練習をいつもと変わらず行います。
そして、この先も来年の3月末まで変わらず活動を行います。
みんなと1日でも長くプレーするために・・
みんな、今日も楽しもうぜ!!(^o^)

つたえびと しみず

7日

  • 2013年07月08日(月)
アップロードファイル 289,913 byte

7日はペルナのジュニア・ユースの選手の多くが所属する中学校の試合を見に行きました。

スタメン11人中ペルナのジュニア出身の選手は10人。
現在ジュニア・ユースに所属している選手は6人。
途中交代で出場した選手もジュニア出身の現ジュニア・ユース所属。

随所にペルナらしさは出ていましたが、イマイチうまくパスが通りません。
ちょっと遅いねんなぁ・・
パスの受け手がもう少し早く動き出さないと・・

20日から中体連が始まり、この中学校は21日に初戦を戦います。
いいゲームができるように、後少しですが協力したいと思います。
まずは明日の練習で少しアドバイスを。

みんながんばれ!!

つたえびと しみず

コンフェデ杯決勝

  • 2013年07月02日(火)
アップロードファイル 906,164 byte

ブラジルがコンフェデ杯決勝でスペインを3―0で下し、05年・09年大会に続く3連覇、通算4回目の優勝を果たしました。

ブラジルはスペインにボールを回されることをある程度予測していたはず。
一番怖いのは中盤でシャビ・イニエスタがボールに多く絡み、前線にパスを供給されること。
そこをしっかりケアしたのが、17番ルイス・グスタボと18番パウリーニョ。
地味ながら『いい仕事』してました。
DF4人とドイス・ボランチ2人の計6人で守って、前の4人でシンプルにシュートまでいく。
対スペイン、対バルセロナの戦術としては、ぴったりだったでしょう。

スペインはシャビ・イニエスタのところをタイトに押さえ込まれ、ペドロ・マタが焦れて仕掛けるもDFの網に引っ掛かる。
交代で入ったビジャ・ジョーにもパスが供給されず、同じように仕掛けては餌食に。
決定的な前半41分のペドロのシュートがモジヤ頭ダビド・ルイスに阻まれ、後半10分のセルヒオ・ラモスのPKは枠外。
後半終盤、完全にスタミナ切れのシャビ・イニエスタに対し、マラカナンの大観衆に後押しされたブラジルは最後までアドレナリン出まくり。
スペインの完敗でした。

一つにはコンディションの問題があったでしょう。
来年のブラジルW杯の決勝で、万全な両チームの戦いがもう一度見たい!!
コンフェデ杯で優勝したチームは、今までに一度も翌年のW杯で優勝したことがありません。
『マラカナンの悲劇』は『マラカナンの歓喜』に代わるでしょうか。
楽しみです!!(^o^)

決勝後、MVP等の受賞者が発表されましたが、怪しい・・(>_<)

得点王はスペインのフェルナンド・トレス。
ブラジルのフレジと5点で並びましたが、出場時間等でフェルナンド・トレスが受賞しました。
Bブロックはタヒチがおったからなぁ・・(-.-)

フェアプレー賞はスペイン。
スペインは70%を超えるポゼッションができているときは、相手のファールを誘い相手が汚くスペインがフェアに見えますが、決勝のように『やられて』いるときは汚かったですよね(^_^;)
ピケも退場になったし。

なにより素晴らしかったのはマラカナンの雰囲気。
ブラジルのサッカー文化の象徴ですよね(^o^)
たまらんわ(^o^)

つたえびと しみず

子どもの自立

  • 2013年06月26日(水)
アップロードファイル 432,779 byte

ジュニアサッカー(少年サッカー)の保護者向け情報サイト『サカイク』のコラムに中谷彰宏さんが、6/24・6/25アップされた記事が興味深いものだったので紹介します。

24日は『子どもが自立してのびのびとサッカーを続けるために親はどう関わればいい』、25日は『子どもの自立に必要なことは『親の自立』!?まずは見守ることから始めよう』と題して『子どもの自立』について2日間に渡り記事がアップされています。

自分なりにポイントをあげてみると、

・子どもにおんぶにだっこでは子どもの自立は望めない。子どもに寄りかかるのをやめよう。

・親のすべきことはしつけと健康管理。靴のかかとを踏んで一流になったスポーツ選手は1人もいない。

・親の過干渉が子どもたちの成長のチャンスを奪ってしまう。

・子どもが転んだときに親ができることは、抱きかかえて起こしてあげることではなくて、自分で立ち上がるのを見守ること。

などなど、ためになることや、ドキッとすることがたくさん書いてあります。

自分的には、このコラムから子どもの自立に一番必要なことは『親の自立』というメッセージを受信しました。

『親が子離れ』できていなければ『親も自立』できませんよね(^_^;)

再考させられました。

また、興味深いことに『運動能力は遺伝しない。親の習慣が遺伝する』と言ってました。
喜んでいいのか、悲しんでいいのか・・(>_<)

興味のある方は是非ご一読を!!

http://www.sakaiku.jp/m/

つたえびと しみず

コンフェデ杯

  • 2013年06月24日(月)
アップロードファイル 632,363 byte

世界の壁・・

ブラジルで行われているコンフェデ杯で日本はメキシコと第3戦を戦い、1―2で破れ日本のコンフェデ杯は幕を下ろしました。

普段あんまりサッカーを観ないんですが、今回は日本戦の3試合、ブラジルvsイタリア・イタリアvsメキシコ、スペインvsタヒチなど、結構多くの試合をテレビ観戦しました。

各大陸のチャンピオンに次回W杯開催国、前回W杯優勝国を交えたこのコンフェデ杯は、世界のtopの戦いを観ることができる楽しみな大会でした。

訳の分からない親善試合と違い、アウェーでの本気勝負で日本は何ができるのか?
そして、何をやろうとするのか?

わかったようなわからなかったような大会でしたね(^_^;)

世界のtopに今勝とうとするなら、守備的な戦い方法を選択する必要があるでしょうし、育成年代からそういうサッカーに慣れ親しむべきでしょう。

世界のtop相手にパスを繋いでゴールに向かう攻撃的な戦いをするなら、第2戦のイタリア戦のような『撃ち合い』を挑み、『いいゲームだったが勝てない』を経験しながら力を付けていき、勝てる回数を増やしていく。
そのためには育成年代でも同じサッカーを目指す。

日本中が前者を目指すなら、自分は協力できません。
子どもたちに『夢』を語ることもないでしょう。

後者を目指しませんか。

強いメンタルを持って、『見て楽しい』サッカーを目指しませんか。

間違いなく時間はかかります。
でも、やり始めないと、いつまでたってもできませんけど・・

前回のW杯終了後に同じようなことを言ったような気がします。
あれから何か変わりました?
変えようとしました?

まず、代表監督交代ですね。

根本的な問題はサッカー協会にあるかもしれませんが・・

つたえびと しみず

コンフェデ杯イタリア戦

  • 2013年06月21日(金)
アップロードファイル 604,749 byte

ブラジルで行われているコンフェデ杯のグループリーグ第二戦、強豪イタリアに真っ向から撃ち合いを挑んだ日本は残念ながら3―4で破れ、最終戦を待たずに予選リーグ敗退が決まりました。

皆さんは、このゲームをどおみますか?

確かに4点取られましたが3点取れたし、パスも繋がって内容的には面白いゲームでした。

でも、勝ちきれない。

いいゲームはするけど勝てない。

ってとこでしょうか。

日本はW杯出場4回というチームです。
しかも『連続4回』です。

王者ブラジルは唯一全大会出場の19回の最多5回優勝。
イタリアは17回の優勝4回。
アルゼンチン15回。
スペイン13回。

・・歴史が違います。

スペインは『無敵艦隊』『永遠の優勝候補』と呼ばれ続け、前回W杯で悲願の初優勝。

後、ドイツ、イングランド・・
いわゆる『世界のtop』と呼ばれる国々に日本は追い付きましたか?

では、セカンドグループではどうでしょう。

オランダはW杯9回の出場ですが、前回W杯を含め3回の準優勝の経験があります。

ポルトガルは5回出場。最高順位は3位ですが、それは1966年に記録しています。

日本は国、協会をあげて急速に力を付けました。
そこは本当に素晴らしいことでしょう。
世界のtopやセカンドグループの国に『もしかしたら勝てるかもしれない』というところまでは来たと思います。
でも『もしかしたら』です。

こっからが難しいんちゃうかな・・

オリジナルな『日本サッカー』を構築するためには、その国の『サッカー文化』が重要です。

それには、まだまだ時間がかかりそう・・

『おしい』からその上の段階に昇るには、今のままでは何かが足りません。

その『何か』を追求していきましょう。

つたえびと しみず

絶望的敗戦

  • 2013年06月17日(月)
アップロードファイル 586,802 byte

『成長なんか、してなかった』

15日16時(日本時間16日4時)ブラジリアで行われたコンフェデ杯グループリーグ初戦日本vsブラジルは、前半3分のネイマールのゴールで先制したブラジルが、その後2点の追加点を奪い、3―0で圧勝しました。

16日の夜、録画でこのゲームを見ましたが、大きなショックを受けました。
どっかえーとこありました?

『開始直後の失点でプランが崩れた』
『カタールからの長距離移動』
『過密スケジュール』
『本田のけがによるゲーム体力の不安』

言い訳はこれぐらいでいいですか?

ブラジルは明らかに『流して』いました。
それにもかかわらず日本は遊ばれていました。

『攻撃も守備も最後のところは個人の力。個のレベルアップが必要』

聞き飽きました。

今のやり方では、その差は縮まりません。
今の日本の教育方針では、その差は縮まりません。

そこ認めません?

認めたうえで、それでも世界一を目指すのか、それなりの順位を目指すのか、考えません?

前回の南アW杯で岡田監督は後者を選び結果を残しました。
今さらですが、岡田監督は凄いなぁ・・
賢い人やわ。

前者を選ぶんなら育成から変える必要があるでしょう。
今の20代以上では世界一にはなれません。
なぜなら、彼らが育成年代のころのサッカーでは、世界のtopを倒すことはできないから。

今のA代表は『それなりの順位』を目指してください。
次の世代が世界のtopを目指します。
それには育成の指導者の『覚悟』が必要です。
最低でも20年かかりますけど。

観戦後、こんなに絶望的な気持ちになったゲームは初めてでした。

相変わらずザックのメンバー交替は受信できません。

変えられるのは子どものpowerやな。

我々指導者は、子どもの将来と本気で向き合う必要があります。

つたえびと しみず