『ペルナの想い』 その15 『親のかかわり方』について

  • 2016年11月21日(月)
アップロードファイル 167,556 byte

自分の子どもがサッカーをやることについて、親としてどんなかかわり方をすればいいでしょう。

子育てにつながることですから正解はないと思いますし、同じ親から生まれ育った兄弟でも全く違う性格に育つ場合もあります。

ある調査によると、双子の兄弟が成人になって全然違う性格になった、生まれ持っている資質よりも育った環境がその人物の人格を作るという調査結果もあるようです。

自分の子どもがサッカーを始めたら、『上手くなってほしい』とか、『活躍してほしい』と願うのは親として当然だと思います。

そのために『過干渉』になっていませんか?

私の尊敬する指導者は、『子どもに干渉し過ぎる親の子どもは選手として伸びない』と言い切ります。


親は子どもにサッカーを通じて本当に学んでほしいことはなんでしょう。

その一つに『自立』があると思います。

自分で進んでなんでもできる。

そんな子どもに育ってほしいと思いながらも、世話を焼いてゲームの準備をしていませんか?


結構しっかりしている子どもが2年生のゲームのときに青いストッキングをはいていました。

他の選手は全員白です。

忘れたそうです。

理由を聞いたら、『自分で準備をしている。自分が忘れた』と言います。

『えらいなぁ。次は両方持ってこようぜ!』と声を掛けて終わりです。

これお母さんが準備してたら、『なんで忘れたん?僕だけ違う色で恥ずかしかったやん!』って文句の一つも言いそうですが、自分でやったミスは仕方がないし納得するでしょう。

私の記憶では、その選手はそれ以来一度も忘れていません。

『人と違うと不安になる日本人』と『人と一緒だと不安になる外国人』の違いではないですが、子ども心にみんなと違うストッキングは結構なストレスだったんじゃないかって思います。


大丈夫ですよ(^O^)


ペルナではユニフォームが違ってたり、ましてやストッキングぐらい違ってもでれないゲームはありませんし、忘れたからと言ってバツを与えてゲームに出さないようなことはしませんから、安心して子どもにやらせて失敗させてください(笑)



ゲームから帰ってきたら話を聞いてあげてください。

『勝った?』『点取った?』ではなく、まず『楽しかった?』って聞いてあげてください。

そこから何が楽しかったのか、何が楽しくなかったのか、どうすれば良くなるのかと話を広げていってください。

アドバイスを求められるまでは聞き役に徹してください。

子どもには子どもの考えがあり、思わぬ子どもの成長に笑顔になれるかもしれませんよ(^O^)


常に干渉し過ぎないように、でも何かあればいつでも手を貸すよというスタンスで見守ってあげれれば、子どもたちは安心してプレーできると思うし、そんな親の姿から思いやりのある自立した子どもに育ってくれるんじゃないかって思います。

私自身もまだ子育ての途中ですし、あくまでも個人の意見ですので参考にしていただければと思いますし、何かあればいつでも相談してください。

微力ながらご協力させていただきます(^O^)

以上、ペルナの考える『親のかかわり方』についてでした。 

『ペルナの想い』 その14 『サッカーの楽しさ』について

  • 2016年11月12日(土)
アップロードファイル 160,419 byte

『サッカー楽しさ』って何でしょう?


『ゴールを決めること』

『試合に勝利すること』

『相手を抜くこと』

『ボールを奪うこと』 


いろいろあるとは思いますが、ペルナではその全てにおいて『自発的に』というのが、頭に付きます。


シュートを決めました。

周りから『(シュートを)打て!』と言われたので打ったら入りました。

相手を抜きました。

周りから『ドリブルで行け!』と言われたのでドリブルしたら抜けました。


両方とも成功で終わっていますが、なにかおかしいような気がします。


サッカーの楽しさは『自分でプレーを選択し、そのプレーが成功する』ことではないでしょうか。

もしかしたら、その選手は自分でシュートを打つよりも、隣の選手が見えていてパスを出したかったかもしれませんし、そもそもアシスト好きかもしれません。

もしかしたら、その選手がドリブルではなくパスを選択したら、そのパスを受けた選手がゴールを決めるかもしれません。


結果がどうなるかは誰にも分かりませんが、例え失敗に終わったとしても自分で選んだ先の失敗は、『先につながる失敗』になるのではないでしょうか。


自分で選んだプレーが、相手を欺くかのようなプレーができれば、我々指導が、『おーっ!!』って感動のお叫びをあげるようなプレーができたら、それは選手自身大満足でしょうし、それこそが『サッカー楽しい!』って瞬間だと思います。


『自分で選んだ・・・』にはたくさんの失敗がついて回ると思いますが、そこは我々大人が目をつぶりましょう。

子どもたちがサッカーの『本当の楽しさ』を知るまでは・・・


以上、ペルナの考える『サッカーの楽しさ』についてでした。 

『ペルナの想い』 その13 『あめとムチ』について

  • 2016年10月21日(金)
アップロードファイル 143,829 byte

ペルナでは『バツゲーム』はありません。

例えば、『負けたらグランド5周』とか、『シュート外したら交代』とかは全くありません。

以前、ゲームに出る順番をリフティングで決めるお話しをしました。

制限時間内でできたリフティングの回数を競い、多い回数の選手から1番2番と番号をつけていきます。

その番号がゲームに出場する番号です。

1試合目の前半は1〜8、後半は9〜5(当日参加11人の場合)、2試合目の前半は6〜2、後半は3〜10、3試合目の前半は11〜7、後半は8〜4となります。

そうすると、1〜4まではハーフを5本、5〜11はハーフを4本となります。

うまく割り切れないのでいつもこんな感じですが(これが以前紹介したゲーム出場本数の差は最大『1』ということです)、ペルナでは5〜11が1本少ないと解釈するのではなく、1〜4が1本多く出れると解釈しています。

それは、5〜11がリフティングができなかったので1本少ないのではなく、1〜4がリフティングをがんばったので1本多く出場できるということで、結果的には同じ意味ですが、前者は『バツ』的な要素が強く、どちらがポジティブに取り組めるかは明らかです。

ペルナでは『努力した者が得をする』システムです(笑)

私が指導者をやって15年、非常に気になっていることの一つに『○○できたら○○買ってあげる』というのがあります。

よく保護者の方が子どもに使う『手』です。

例えば、『点取ったらボール買ってあげる』とか、『勝ったらゲームソフト買ってあげる』とかで、よく似たものに、『宿題しなかったら練習行かせない』などがあります。

ゲームで活躍したら何かを買ってあげることを約束して、子どものモチベーションを上げる作戦ですが、これは一時的に効果は発揮されますが、長い目で見ると決してプラスにはなりません。

子どもに『サッカーが好きになってもらいたい』とか、『サッカーが上手くなってもらいたい』という気持ちの表れであることは理解できますが、この作戦で子どもが満たされるのは『物的欲求』だけで、サッカーには全く関係がありません。

『宿題しなかったら練習行かせない』という作戦を使って、自発的に宿題をするようになった例を私は見たことがありません。

なぜなら、『宿題をする』ということと、『練習に行く』ということは全くの別物だから。

保護者は、子どもの好きなものと引き換えにすれば、嫌なこともやるだろうと思うかもしれませんが、これも『やらされているだけ』で、子どもにとってサッカーがそれほど重要じゃなくなったとき(他に興味を持ち始めたとき)はなんの意味も持ちません。

また次に興味のあるものを取り上げますか?

宿題とサッカーは根本的に違うのです。

そこを大人が理解しないといつまでたっても子どもは宿題をしないかもしれませんね(苦笑)

以上のことから、ペルナではあめやバツなどの『外的欲求』にアプローチするのではなく、心の中から湧き上がる『サッカーが好き』とか『上手くなりたい』などの『内的欲求』にアプローチして指導するように心掛けています。

以上、ペルナの考える『あめとムチ』についてでした。 

幼稚園・保育園サッカー教室A

  • 2016年10月18日(火)
アップロードファイル 200,919 byte

あいにくの天気でホールでやりましたが、全然問題なし!

幼稚園・保育園サッカー教室

  • 2016年10月18日(火)
アップロードファイル 267,869 byte

17日は地元の幼稚園と保育園に行ってサッカー教室をやってきました(^O^)

今年度に入って2回目で、『あっ!サッカーのおじさん!』って感じで覚えていてくれて、なかなかの盛り上がりでした(^O^)

なんか、ちびっ子いいなあ・・(^O^)

周りは全く関係なし!

自分とボールだけの関係で、わき目も振らずボールを追いかける姿は、原点を思い出させてくれました。

こっちが楽しませてもらいました。

次は2月頃に行く予定です。

お楽しみに!>^_^<

COACHしみず

『ペルナの想い』 その12 『考えて!』について

  • 2016年10月14日(金)
アップロードファイル 48,262 byte

ゲームを観ていると、『もっと考えて!』とか、『そうじゃないやろ!考えろ!』というふうに、『考える』というキーワードがよく出てきます。

最近のトレンドでしょうか(笑)

JFA(日本サッカー協会)がそういうことを言うからかなぁ(苦笑)

もちろんペルナでも、『自分で考え、判断して、行動(プレー)できる選手』の育成を目指しています。

しかし、闇雲に、『考えて!』という言葉は使わないようにしています。

指導者は、『考えて!』という前に、『考える材料』は与えてあるでしょうか?

特に低学年に対しては、サッカー年齢(経験年数)が低い選手が多いので、『考えて!』と言ったところで、何を考えたらいいかすら分からないことが多いと思います。

なので、サッカー年齢が低い選手(高学年でも経験年数の少ない選手はこれに当たります)に対しては、『考えて!』は使いません。

何を考えたらいいか分からないうちは、考える材料を与える(経験させる)ことも重要な一つであると考えます。

高学年(サッカー年齢が高い選手)に対しては考えてもらいます。

具体的には指示を出さず、『どうするか?』を見守ります。

この作業は時間がかかります。

基本的に日本の社会は幼児教育からの『指示』により、子どもを『管理』しています。

みんなと同じが『正』であり、その『正』は上からの(大人からの)経験に基ずく『指示』によって子どもたちに伝えられ、それ以外のことをするとおこられるので、賢い子どもたちはその指示通りに行動します。

これがいわゆる『指示待ち』の子どもを作成するレシピですね(笑)

この不変のレシピによって作成された子どもたちに、『考えて!』と言ったところで、現実にはなかなか自分で考えて行動に移すことは難しいようです。

ペルナではこれではダメな気がしています。

何とか自分で考え行動できる選手にならないものか・・・

様々なアプローチでこの問題に取り組んでいます。

まず、『待つ』こと。

子どもの考えは時に大人より幼稚で浅いものかもしれません。

失敗するのが見えているかもしれませんし、時間がかかるかもしれません。

しかし、子どもの考えが大人より浅いのは当たり前ですし、失敗から学ぶことが非常に多いことを大人は知っています。

しかし、時間的な問題であったり、『子どもに失敗させたくない』という思いから、大人が先回りしてしまうことが多い気がします。

指示待ち子どもの出来上がりですね(苦笑)

待ちましょう!

今時間がかかっても将来の成長のために。

二つ目は、『大人がやってみせる』こと。

子どもには『自分で考えて!』と言いながら、自分は他の保護者に聞いたり、複数で一緒に行動しないと不安になったり・・

子どもたちは本当に大人の姿をよく見ていますよ(苦笑) 

時間はかかると思いますが、常に自分で考えるクセをつけて、行動できる人になってくれれば、それは必ずプレーにも反映されると思います。

以上、ペルナの考える『考えて!』についてでした。 

『ペルナの想い』 その11 『子どものコミュニティーについて』

  • 2016年10月07日(金)
アップロードファイル 276,249 byte

ペルナでは、子どもには子どもの世界があると考え、大人が余分に介入しないように心掛けています。

学年が下になればなるほどちょっとしたイザコザは起きるものです。

ちょっとしたおふざけでボールを蹴ったら両方がいつの間にかマジになってけんかに発展みたいな・・・

そんなときペルナでは『どうするのかな?』って感じで見ています。

すんなり当事者同士で解決することもあれば、少し長引くこともあります。

当事者同士で解決しないようであれば、次は上級生の出番です。

『どうした?』と聞いて適切な指示。

多くは上手くまとめてくれます。

もちろん、それでもどうしようもないときはコーチの出番となるわけですが(苦笑)

子どもたちは本来『正義感』を持ち合わせています。

この正義感がもめごとを解決してくれるし、下の子の面倒を見ていろいろなことを教えてくれます。

せっかくこんな素晴らしい能力を備えているのに、わざわざ大人がしゃしゃり出ていく必要ないでしょ?

だまって見ていると子どもならではのびっくりするような理屈で話が進んでいくことがありますが、それこそが子どもの世界。

見守り、必要最小限のアドバイスを送りましょう。

それこそが『自立』の手助けかもしれません。

以上、ペルナの考える『子どものコミュニティーについて』でした。 

『ペルナの想い』 その10 『低学年の練習の最初がゲームな理由』

  • 2016年09月30日(金)
アップロードファイル 207,629 byte

ペルナでは現在、週2回低学年の練習があります。 

低学年の練習はゲームで始まりゲームで終わるようにしています。

最後はゲームで終わる練習って多いと思いますが、ゲームで始まる練習ってあまりないと思います。

これには想いがあります。

なかなかチームの事情で思うように練習時間が取れませんが、本当は今の倍ぐらい最初のゲームの時間が取りたい。

みんなが集まってきたらどこからともなく『ゲームやろ!』って雰囲気になって欲しい。

『サッカーで遊ぼう!』ってやつです。

そこには学年は関係ありません。

サッカー王国・ブラジルで言う『ストリートサッカー』ってやつです。

ちびっ子は高学年に果敢に挑んでいきます。

高学年に遊ばれて、やっつけられながら、高学年の技術を『盗んで』いきます。

それは、高学年が中学生と戦うときや、トップチームの選手と戦うときも同じです。

サッカーはゲームが一番楽しいし、一番上手くなります。

最近は何も言わなくても低学年の最初はゲーム。

ゴールを置いたらスタートして、途中から選手がどんどん混ざっていきます。

でかいやつ相手にいろいろやってみよう!

誰にも負けるな!!

目指せ!ブラジル・ストリートサッカー!

以上、ペルナでの『低学年の練習の最初がゲームな理由』についてでした。 

『ペルナの想い』 その9 『言わない理由』

  • 2016年09月21日(水)
アップロードファイル 202,237 byte

ペルナではできるだけゲーム中や練習中、遠征での様々な時間の決まりなどについて『言わない』ようにしています。

例えば、バスで遠征に出かけてトイレ休憩をサービスエリアで取ったとき、『今10:15なんで10:30に出発します』とか、宿泊で『寝る時間は10時で起きる時間は6時です』とか、そんな類のことは全く言いません。

サービスエリアにトイレ休憩で停まりました。

『トイレ休憩』ですからトイレに行くだけです。

おのずと時間は決まってきますよね?

『遠征の宿は楽しく過ごしてください。ただし、サッカーの遠征であることを忘れないでください』と伝えれば、これもおのずと寝る時間や起きる時間も分かるはず。

それでもテンションが上がってしまい上手く睡眠がとれない選手がいます。

2日目の状態を見れば分かります。

確実に動きが悪いですから。

そんな選手には無理をさせず『休んで』もらいます。

体調を崩してはなにもなりませんからね。

少し具合が悪くなって選手自身が初めて気が付きます。

『本人が気が付く』ことが重要です。

次は同じ失敗をしないでしょう。

大人が注意して『やらせる』ほうが早く結果が出るかもしれませんが、それでは注意されなければ同じ失敗を繰り返します。

生活面だけでなくサッカー面でも同じことが言えると思います。

プレー中に『あーしろ、こーしろ』と言われれば、その時は成功するかもしれません。

しかし、サッカーはプレー中の状況が細かく変わるスポーツですし、右へパスするのかドリブルするのか瞬間に判断することが求められるスポーツです。

周りから大人がワーワー言うより、『この選手はどんな選択をするのかな?』って見ているほうが、そして失敗して選手自身がそれから学んだほうが、長い目で見ればその選手にとってプラスになると思います。

ただし、時間はかかりますが・・・

時間がかかっても『本物の技術』を身に付けるために、ペルナでは『言わずに』待っています。

本物の人間性を身に付けるために・・・

以上、ペルナでの『言わない理由』についてでした。 

『ペルナの想い』 その8 『メンタルトレーニング』

  • 2016年09月13日(火)
アップロードファイル 172,493 byte

ペルナでは5年生以上になると月に1回『メンタルトレーニング(メントレ)』があります。

いわゆる『座学』っていうやつですね。

今年はリオ五輪もありましたし、スポーツの世界でのメンタルの重要性は多くに人に知られるようになりました。

メントレというとトップアスリートのものと思われがちですが、ペルナではできるだけ早い時期にメントレすることが重要だと考えています。

もちろんこれはサッカーだけに限ったことではありません。

勉強など私生活にも大きな影響を与えます。

メントレとは、自分が望む結果のために、自分で自分の心をコントロールできるようにするトレーニングのこと。

それには、目標設定や集中力、ポジティブシンキングやイメージトレーニングなどがあり、毎回それらのうちどれか一つに絞って勉強します。

先ほども言ったように、これはサッカーに限ったことではありません。

ペルナの選手にはサッカーだけでなく大きく見て人生の勝ち組になってもらいたい。

例えば、大人になっても非常にネガティブな人っていますよね(^_^;)

少し考え方を変えればもっと幸せになれるのになって人。

そんな生き方ってもったいないでしょ?

子どものころに身に付けた自転車の乗り方は大人になっても失われないように、子どものころからポジティブに考えられたら人生って変わると思いません?(^o^)

だからペルナでは早い時期からメントレをやってます!

ちょっとおおげさかもしれませんが、サッカーを通して、メントレを通して子どもたちの将来の幸せを願っています。

以上、ペルナでの『メンタルトレーニング』についてでした。