中田引退!

  • 2006年07月03日(月)

日本代表として3度のワールドカップを経験した中田が引退を表明しました。29歳という若さです。
前々回のワールドカップのときから彼の「自分プロデュース」の上手さは認めていました。今回もこの引き際のプロデュースの仕方は本ま“巧いな”って思いました。

前々回のワールドカップ後イタリアのセリエAに活躍の場を移し、そうなることを予知していたかのごとくイタリア語を習得しておき、いち早くチームに溶け込む。頭の毛を金髪に染め、一人目立っていましたよね。

あのころの代表は彼ほどはっきり年下でも意見を言う選手は皆無で(日本独特の“年功序列”かな)、彼に近い年の選手はひっぱられていきました。世界のリーグを経験している選手も少なかった前回のワールドカップでは、まだ彼のカリスマ性は健在でチームの中心でした。
今回、彼のカリスマ性が前回ほど絶対的でなかったのは、この4年の間に他の選手のレベルが上がったこと、自分のポリシーを持った選手が増えたことが原因ではないかと考えます。
世界中のスカウトの目が光るワールドカップ、チームの、自国の勝利が大切なのは解りますが、自分が目立つ、自分が良いプレーをする。ひいてはそれがチームの勝利につながるというような考え方を持った選手がもっと出てこなくては世界を相手に戦えない!ような気がします。

今回のワールドカップを観ていて結局南米はベスト4に残れませんでした。南米の、もっと言うとブラジルの選手は実は日本人が思っているほど「ワールドカップ」って大きな大会ではないのかもしれません。注目を浴びる大会として、自分のアピールの場として位置付けしてるんじゃないかなって感じた今回の大会でした。

前回のワールドカップで彗星のように現れたホナウジーニョ、日本人は「今回のワールドカップはホナウジーニョの大会になる」と信じて疑いませんでした。私もその一人です。しかし、前回のような輝き、バルサでの輝きはみせれませんでした。
世界中の期待を背負って答えれなかったホナウジーニョ、現実には前回ワールドカップ終了後の4年間に「カカ」「アドリアーノ」「ホビーニョ」というスーパースターが出てきています。
4年前ブラジル人がインタビューに答えこう言ってました
「ホナウジーニョはいい選手だ。しかしブラジルにはもっといい選手がいる。なぜならブラジルではいい選手は日々地面から生えてくるからね」と。

中田はいい選手でした。確かに世界を肌で感じ、日本にいろいろなものを残してくれました。29歳の若さで引退もいいでしょう。彼の人生です。“中田引退”で騒ぐのは今週限定にしときましょう。彼の後にいい選手はきっとすぐに“生えて”きてますよ(笑)
        Coachしみず

ジュニアユース

  • 2006年06月30日(金)

今日はペルナのジュニアユース(中学生)とU-12で練習しました。ジュニアユースは3年生が今日まで修学旅行だったので、1・2年生でした。小学生は中学生に遠慮せずにかかっていくし、中学生は小学生に負けるわけにはいかないし・・・結構おもしろい練習になりました。
どうせほとんどは、来年一緒にサッカーすることになると思います。今から慣らして問題なく中学でサッカーする下地を作っておくのもありかな(笑)
デンソーのフットサル場も良いグランドなので月イチぐらいは合同練習をやろうかなと思った今日の練習でした。
       Coachしみず
PS WCもいよいよおおづめです!がんばれ南米!!

ベスト8

  • 2006年06月28日(水)

とうとうワールドカップのベスト8がでそろいました。ここまでくるとどごが優勝するかは本当に分かりません。ドイツ・アルゼンチン・イタリア・ウクライナ・イングランド・ポルトガル・ブラジル・フランス、全てのチームにいろいろな思い入れがあってどこも優勝してほしいです。
しかし、今回は番狂わせのない大会でした。各国の優秀な選手の多くはヨーロッパのリーグで活躍しているため、今回のワールドカップはコンディションの調整がうまくいったのでしょう。
ワールドカップという祭りも終盤にかかってきました。夏休みの終わり頃や線香花火の消えかけのころのように寂しい気持ちが強く出てきました。
残り少ないゲームの中でどんな物語が待っているでしょうか?願わくは選手全てが良いコンディションで、不用意なイエローカード・レッドカードをもらわずに今持っているものの全てを賭けて戦いきって欲しいものです。
そして未来のワールドカップを戦う可能性のある子ども達に夢と希望を与えて線香花火の最後の“玉”を落としてもらいたいですね!
        Coachしみず

ストリートサッカー

  • 2006年06月26日(月)

今日の練習はU-8でした。U-8の練習も他のカテゴリーと同じで1時間半ですが、本来この年代で1時間半も集中してトレーニングをすることは、無理かなと思っています。少しスタート前の時間を長く取って、遊び時間にどんなことをやってるかみています。
最後は恒例の上のカテゴリーとの“全員ゲーム”になります。これが結構おもしろいんですよね。小さい子は遠慮なしに足ごと蹴ってきますし、ちびっ子20人に対し、でかっこ子6人くらいのゲームですから1個のボールに7人くらいの子どもが集まってくるし・・・少し当たっただけでちびっ子はこけて泣くし・・・
でかっ子はいかにちびっ子に触れずに抜き去ることができるか?がテーマになるし、ちびっ子はでかっ子とコミュニケーションを取るチャンスだし・・・気のせいかちびっ子同士のゲームよりみんながいきいきしてるみたいだし・・
南米のストリートサッカーってこんな感じなんだろうな。小さい子は大きい子のボールが取れないから服をひっぱるし、大きい子は服をひっぱられてもボールを取られないようにするし、年齢の違う子どもの特別ルールがあってもいいと思います。
近所の子が集まってやるストリートサッカーは年齢の違いすぎる子ども達でも楽しめる「特別ルール」の存在がいい味出すんですよね。以前にも書いたと思いますが、学年を超えた友達関係が“ペルナサッカークラブ”の付加価値です!
          Coachしみず

梅雨

  • 2006年06月23日(金)

じめじめとうっとおしい季節に入りました。蒸し暑く過ごしにくい毎日ですが、何より週末に雨がよく降るのが問題です。せっかく週末に試合が入っていても、雨で中止・順延になることがあります。
本来、サッカーは雨での中止はないスポーツです。しかし、少年年代で雨に濡れて風邪をひいてはなにもならない、けがもしやすくなる、などの理由でよく中止になります。
練習してきたことを発表する場所である試合、子ども達は試合が大好きです。天気のことなのでどうにもならないことは分かってますが、なんとか週末は雨が降りませんように!
      Coachしみず

注目の一戦

  • 2006年06月23日(金)

見せつけられた世界1との差。さすが、サッカー王者ブラジル。個人技だけならぬ安定したパス回し。日本の攻める時の、パスミスが目だった試合だ。ボール1個分、前か、後か、右か、左かで、パスがつながるかが決まる。これが、国際試合だ。後半は、ブラジルがヤリタイ放題。試合が終わってみれば、1−4で完敗です。
日本も、玉田のように、相手の裏をつくプレイが、もっと欲しかったなぁ。そして、個の力のレベルアップが必要と考えさせられた試合だ。やはり、日本には確実に点が取れるストライカーが欲しい。こんな事を思うのは、私だけでしょうか。ペルナから、そんな選手が育って欲しい。
とにかく、これで、日本の2006年ドイツ、ワールド・カップが終った。2010年南アフリカ大会に期待をしよう。フランスのルマンで活躍している松井選手とかが、魅せるサッカーをやってくれるのではないかなぁ。日本代表、ジーコ監督お疲れ様。
この後は、優勝国がどの国になるかTVを見て楽しみますか。                        Coachながき

熱き思い

  • 2006年06月22日(木)

あと5時間たらずで、日本xブラジルの試合が、はじまります。私も、今週は、日勤のため、ついつい深夜遅くまで、ワールドカップを見ていて、毎日、寝不足気味で仕事に行く毎日です。
しかし、4年に一回の大会で、心がワクワクするのを感じます。
外国での開催の場合、時差があるため、試合時間は、日本時間でいうと、夜になってしまい、小さい子供達は、寝ている時間で実況を見るコトはないと思います。
今、チェコxイタリア戦で、イタリアのマテラティが、ヘディングシュートを決め1点先制したところです。
話しが、脱線してしまいました。話を元に戻して、日本代表が、サッカー王国ブラジルに対して、結果はどうなるか判りませんが、いい結果を、残してもらいたい。日本代表が、いい結果を残すことが出来れば、今以上に、サッカー人気をアップするコトにつながると思います。しみずコーチも言っていたように、日頃は、サッカーの話をしない人も、ワールドカップのときだけ、サッカーの話をする。それが、いつも、サッカーの話を、どこでも、誰もが・・・・・・・・。
そのためにも、サッカー日本代表・ジーコ監督に、エールを送る。頑張れ!!                   Coachながき

アルゼンチン!

  • 2006年06月22日(木)

アルゼンチンいーですねー!若い才能が確実にペケルマンによって開花しています。テベス・メッシ・・
流石ディエゴ(マラドーナ)が後継者と押すだけのことがあるメッシ。めちゃくちゃ速いですね。ボールタッチが柔らかく、ここイチのスピードもあり、これから経験を積めばすばらしい選手になると思います。
そして何よりチームの中心は“リケルメ”。ずーと前から大好きでした。ボールコントロールがバツグンで(今どきバツグンって使わない??)キープ力があり必殺のスルーパス!アルゼンチンで一番好きです!
実は私、以前にアルゼンチンに行ったことがあります。ブエノスアイレスに二泊して、「アルヘンティノス」「サンロレンソ」「ボカ」などの名門チームを訪問しました。街並みはヨーロッパ調で(ヨーロッパには行ったことがありませんが・・)非常に歴史深くおしゃれな街です。ぜひ、もう一度行ってみたい国の一つです。ブラジルの次に好きな国で応援している国です。
奇跡が起きて、日本が二次トーナメントに出れて、決勝ブラジルVSアルゼンチンなら言うことないのですけどね・・(笑)
       Coachしみず
PS 今から寝てブラジルVS日本見ますよ!!

毎日

  • 2006年06月21日(水)

毎日毎日TVのチャンネルを回せば(今どき回すことはないでしょうが・・・)WCがやってます。これが2次トーナメントになると毎日やらなくなるので、楽しみが1日おきとかになります。
おもしろすぎて毎日サッカーを見るのが日課になりました。これからも○HKさん!WC以外のサッカーも中継してくださいね。視聴者は増えますよ!
鈴鹿のコスタリカの選手じゃないけど、少しでも関係のある選手が出場していたら、もっともっと楽しいでしょうね。いずれペルナからWCに出場する選手が出ればもっと楽しめるでしょうけどね!選手・コーチ・保護者・アレグロ・・・みんなの夢です!!
       Coachしみず

中毒?

  • 2006年06月20日(火)

ワールドカップ楽しんでますか?サッカー楽しんでますか?
先日、H中学のY先生と話す機会がありまして、そのY先生は40代前半で、当時「Jリーグ」があれば当然進んでいたではないかと思われるような人です。その人が、「サッカーって麻薬だよね」って言ってました。
私たちの年代のお父さんってだいたいキャッチボールはできます。子どももころは“ソフトボール”年代です。私も小学生のころは、「中日ファン」対「巨人ファン」で遊びの試合をしたものです(笑)
中学に入れば「バスケットボール」に興味が沸き、高校のころは「テニス」に興味があったりしたものです。
でも気が付くと最後は「サッカー」をやってるんですね。今までは、サッカーって「プレイする」ことしかなかかったんですが、最近は「指導する」ことが入ってきて・・・自分の指導した子ども達が良いプレーを魅せてくれる、コーチとしての至福のときです。しかし、下手なりにでも「自分でプレーする」ことはなにより楽しく止められません。ある意味麻薬ですよね(笑)
いろいろな理由で中学のサッカー部に入らない子。また、いろいろな理由で高校サッカーをやらない子。あると思います。でも高校でやらなくても、もっと先で必ずサッカーに係わってる、そんなベースを少年のときに作ってるつもりです。
Y先生が言いました、「サッカーって麻薬だよね」止められない魅力がサッカーにはあるのかも・・・
      Coachしみず