スポーツ活動時に見られる保護者の問題点

  • 2009年09月30日(水)

○保護者のエゴを子どもに押し付けている
 保護者の考えや希望を子どもに押し付けているケースが多くあります。つまり、子どもが保護者の犠牲になっているのです。この点を改善し、そうならないように子どもを守ることで、のちのち問題が出てこないようにすることが必要です。

○子どものやっているスポーツに関心を持たない
 熱心すぎる保護者がいる半面で、まったく関心を示さない保護者もいます。子どもの良い成長を助長するためには、話し合いをすることも必要かもしれません。

○努力より結果に対して報酬をあげる
 結果に対して報酬をあげると、報酬の量や質をどんどん上げていかないと効果がなくなるため、利口な方法ではないことを理解しましょう。

○失敗に関して罰を与える
 罰を与えることは最もやってはいけないことです。なぜなら、選手のやる気をなくし、保護者と選手との信頼関係を壊し、好きなスポーツをやめてしまう大きな原因となります。

○子どもの心を傷つけるコミュニケーションをする
 試合に負けて落ち込んでいる子どもを、さらに落ち込ませる言葉や態度をとる保護者もいるようです。これでは、好きなはずのスポーツを嫌いになったり、保護者を嫌いになって信頼しなくなったりする原因となります。

○保護者が子どものスポーツに対する見通しや展望を失っている、あるいは持っていない
 保護者と子どものコミュニケーション不足が原因で、今やっているスポーツに子どもが何を求めているのかが分からないケースです。保護者のみなさんは、子どもがスポーツをすることで何を得て、それが子どもの将来にどのような良い影響を及ぼし、人間的成長を助長するか理解してください。


これらも前回の高妻教授によるものです。
いろいろ上げられていますが、スポーツ活動だけでなく、子育てにも通じることです。
一番簡単なのは、親は我が子の一番のサポーターになることでしょう。本来のチームのサポーターとの違いは試合に負けても不満をもらさず、盲目的に応援し続けるところでしょうか。