靴ヒモを結べない少年

  • 2008年11月12日(水)

日刊スポーツに「スポーツ外来 診察室から」と東京厚生年金病院・柏口新二整形外科部長先生の記事が載っています。
その中から、今日はこの記事を紹介します。

『靴ヒモを結べない少年』
今年の夏も大勢のキッズプレーヤーの現場検診をしましたが、サッカー検診で「アレッ」と思うことがありました。靴がおかしいのです。靴がおかしいというより、靴の履き方に問題がありました。サイズが合っていない、かかとを踏んでつぶしていることが多いのは以前からわかっていました。保護者はどうしても成長を見越して少し大きめの靴を買いたくなります。子ども用のスパイクといっても決して値段は安くなく、出費を考えると少しでも長く履いてもらいたいと思う気持ちも理解できます。
今回の検診で気になったのは靴ヒモの絞め加減です。ほとんどの少年が診察の時に靴ヒモを緩めずにスポッと靴を脱ぎ、終わるとトントンと足先を床に当てて履いていました。試合や練習の度に靴ヒモを結び直すかとたずねると約半数が気にしない、時々するが3割、必ず結び直すが2割といった傾向でした。
低学年では靴ヒモを自分で結べる子は例外的で保護者に結んでもらっているようです。1度結ぶとヒモが解けるまでそのままのことが多いようです。6年生になるとさすがに靴ヒモを自分で結べるようになり、試合や練習の前に結び直しているようです。
大き過ぎる靴や靴ヒモが緩いと足がスパイクの中で遊んでしまい、タコができたり、外脛骨(けいこつ)が痛んだりして、せっかくの良いスパイクが生きません。キッズプレーヤーには靴の履き方を教えることもスポーツ指導であり障がいの予防や治療になります。


私も普段、靴ヒモを結んだまま靴を脱ぎ履きしています。そのままでかかりつけの整形外科に行くと先生に靴ヒモをしっかり結ぶように注意されます。以前足首の靭帯を痛めたことがあるからです。しっかりと結ばないと足首に負担がかかります。また捻挫を繰り返します。わかってはいるのですが、つい面倒になってしまいます。
でも子どもたちには、せめてスパイクを履くときはヒモをしっかり結んで、足に靴をフィットさせてほしいですね。以前、試合中にボールを蹴った瞬間、スパイクまで跳ばしてしまった選手がいました。保育園年長児になれば、一対一でリボン結びの仕方を手をとりながら繰り返し教えればできるようになります。ゆっくりと繰り返し、経験させてあげてください。