自信を持てない

  • 2011年02月28日(月)

もっと自信を持ちたいと思ったことがありませんか?
例えば、言いたいことが言えない、気持ちを集中できない、人の目が気になってしまう、ちょっとしたことで気分が落ち込む、といったことは、自信のなさと関係ありそうです。
自信を持てないのは、何かができないからと思われがちです。勉強ができないから、スポーツが苦手だから、得意なことがないからと。しかし、苦手なことやできないことは誰にでもあります。それでも自信を失わない人もいます。
本当は、何かができないから自信が持てないのではありません。できない自分はダメと思ってしまうから、自信が失われるのです。
自信を持てずにいた人が、少しずつ自信を身につけていく姿を私は見てきました。この人たちは何かができるようになったから自信がついたわけではありません。自分を受け入れてくれる人との関係を通じて、自分のできない部分を受け入れられるようになり、自信が回復したのです。
自信がないという人と話していると、その人にしかない魅力や良い面があるのに、自分はダメだという気持ちに支配され、自分のいい面が見えなくなっていることがあります。
親や周りの期待通りにできないために、自分の価値が低いと感じてしまうこともあります。でも、期待されていることとは違うところにその人の良さがあるのかもしれません。
あなたの悩んでいることや自信を持てずにいることを人に話してみましょう。人と話すことで、自分を客観的に眺めることができるようになります。そして、話すことによって人との関係も築かれていきます。
「何もできなくても、人間関係さえあれば生きていける!とわかりました」と語ってくれた人がいます。それまで自信が持てずに苦しんできたのですが、人との関係を通して少し自信が持てるようになったのです。
自信は、日々を生き生きと意欲をもって生きていくために大切なものです。自信満々である必要はありません。ほどほどの自信でよいのです。できない自分をダメとは思わず、自分は自分なりにできることをやっていけばよいのだと思えれば、しめたものです。


〜11月21日に中日新聞に投稿された、私塾・フリースクール「まなび場」主宰・幸伊知郎さんの記事を紹介しました。
自信をつけるには達成感が必要だと思っていました。できなかったことができるようになり、自信になると思っていました。最後の『自信満々である必要はありません。ほどほどの自信でよいのです。』は何だかホッとするフレーズですね。〜

冬は鍋料理

  • 2011年02月11日(金)

鍋料理がおススメのわけ

@使う食材や味付けが豊富(脂質控えめの対応もしやすい)
最近はさまざまな鍋料理があります。自分の好みの材料や味付けを、“目的に応じて”選ぶことができるのが鍋料理の良さです。
サッカーの場合、広いピッチを90分間(時にはそれ以上)走るわけですから、『高炭水化物・低脂質』が試合前の食事のキーワードです。鍋料理は、種類の選び方によって、試合前用の食事にも適しています。

A野菜がたくさん食べられる
野菜料理はしっかり食べてほしい食材ですが、実際には、野菜の摂取量は少ないのが現実です。ところが、鍋料理の場合は、加熱することで、“カサ”が減ることからも、思っている以上にたくさんの野菜をとることができます。しかも、β―カロテンを含む色の濃い野菜や、ビタミンB1を強化する働きのあるアリシンを含むネギなども食べやすくなります。

B“主食”もとれる
鍋料理の醍醐味は、何といっても具材を食べた後の出汁のよく出たスープで作る“シメ”でしょう。ご飯(雑炊)やめん類、おもち、どれも飛び切りおいしいですよね。
試合前日のメニューとして、“主食”がおいしく、たくさん食べられるのもサッカー選手にとって大きな魅力なのです。

C水分もとれる
“水分補給”と言うと、夏場のイメージがありますが、冬でも練習中や試合中は汗をかきます。ただ、寒さも手伝って、夏場ほど積極的に水分補給ができないので、食事から水分を摂取することはとても大事です。
鍋料理であれば、スープはもちろん、野菜などの材料からも水分をとることができます。

D調理が簡単
最近はおいしい鍋の出汁が市販されていますから、そういったものを上手に利用すれば、一人暮らしの選手や学生にもバランスの良い食事が簡単にできます。


鍋料理だけでなく、温かい料理は、体も心も温めてくれます。そして、疲れた内臓や体にも優しいものです。

引用:勝つための栄養セミナー   FC東京栄養アドバイザー  久保田尚子さん



〜鍋料理は忙しいお母さんにも手早く調理できる心強い味方ですね。子どもには「えーーまた鍋?」と不評ですが・・・。そんな時、「サッカー選手にとっていいおかずなのよ」とこのコラムを見せてあげてくださいね。〜