熱中症対策に「果物」を!

  • 2006年08月24日(木)

今回は「すいか」です。

すいかの魅力@
 サッカー選手にうれしい栄養素を含みます。
まずは“カリウム”です。カリウムは、体内の余分な塩分を排泄するという働きが注目され、高血圧を防いだり、生活習慣病の予防に役立つと言われてますが、サッカー選手にはもう一つの魅力があります。
 それは、カリウムが筋収縮にかかわっていることです。もちろん、『足がつる』ということも、原因は特定できるわけではありません。しかし、筋けいれんに、カリウムの摂取が少しでも予防効果があるとしたら、サッカー選手にとっては大きな魅力のあるものだと思います。

すいかの魅力A
 果実の赤い色がサッカー選手にとって、大きな魅力を含んでいます。
 数年前からトマトの魅力として“リコピン”が注目されてます。すいかの赤い果実にはトマトよりも多いリコピンが含まれています。
 “リコピン”とは“カロチノイド”の仲間の一つである赤い色素です。
 運動量の多いサッカー選手は、どうしても体内の活性酸素が多くなりがちです。私たち人間にとって酸素はなくてはならないものですが、多すぎてしまう状態が、活性酸素が増えてきた状態です。そうなると体内で“錆”が生じたのと同じようなことになり、細胞が傷つけられた状態になってしまうわけです。
 そんな状態から身体を守ってくれるのが“リコピン”です。サッカー選手にとって、すごい魅力ですね。

 夏も終わりに近付き寂しいかぎりです。残り少ない夏をすいかと共に楽しみましょう。


  参考:久保田 尚子さんの「勝つための栄養セミナー」